「ぎょらい」とは?

言葉 詳細
魚雷

概要 (Wikipediaから引用)

魚雷(ぎょらい)は、魚形水雷の略称であり、弾頭にエンジンと高速スクリューを組み合わせ、水中を航行し、目標とした艦船などを爆発によって破壊することを目的とした兵器である。魚雷は艦船の喫水下の部分を破壊するため多大の浸水を与え行動力を奪う。魚雷を用いて攻撃することを雷撃、魚雷攻撃を浴びることを被雷と呼ぶ。 主に、潜水艦、水雷艇、駆逐艦、巡洋艦、雷撃機などに搭載されて運用された。現代において、「水上艦や航空機が用いる対水上艦兵器」としては対艦ミサイルに取って代わられたが、より先進的な誘導能力を付与された上で「潜水艦が用いる対水上艦兼対潜水艦兵器」(長魚雷)や「水上艦や航空機が用いる対潜水艦兵器」(短魚雷)として広く配備・運用されている。 現在では対艦ミサイルに対しては早期警戒機の運用とイージスシステムに代表される高度な対空防御システムによって、自艦に対して敵側から複数が発射された後でも対処することは十分可能となっている。