「く」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

句(く、英語:phrase)とは、文あるいは節 (文法) 節を統語論的に分析した際の単位となるもので、機能的に語と等価であるが複数の語からなるものをいう。英語などでは、文に相当する単位(主語と述語動詞)を含む節とは明確に区別できるが、日本語では必ずしも明確ではない。国語文法では節に近いものを句と呼ぶ場合もある。たとえば "the house at the end of the street"(1) は句であって、名詞と同じように機能する。さらにこれは "at the end of the street"(2) という句を含み、これは "the house" を修飾する形容詞と同じように機能する。句(2)は形容詞 "white" で置き換えて、 "the white house" という句に変えることができる。またさらに句(2)は名詞のように機能する句 "the end of the street"(3) を含む。これはたとえば "the cross-roads" で置き換えて "the house at the cross-roads" という句にできる。日本語の場合も、語順の違いなどはあるがほぼ同じように分析できる。

概要 (Wikipediaから引用)

区(く)とは地域などをいくつかに分けた1つ1つ、またはそれを表す助数詞。 行政区画あるいは当該行政区画における自治を行う主体については区 (行政区画)を参照のこと。(例 特別区、政令指定都市の区、財産区、地域自治区など) 選挙区 鉄道業における駅と並ぶ現業機関事業所の単位。一定の地域において処掌業務ごとに設置され車掌区、*機関区、*客貨車区、保線区、営繕区、建築区、電力区、変電区、信号通信区、電務区、*検車区などがある。*印のものについては車両基地を参照のこと。 駅伝における区間のこと。箱根駅伝では、1区から5区までが往路、6区から10区までが復路である。 漢字コードを指定する場合の、位置を表す単位のこと。JIS-X0208、JIS-X0212、JIS-X0213、JIS-X0221で利用されている。 漢字等のマルチバイト文字を2バイトで表現する場合の1バイト目であり、16進で0x21を1区としている。2バイト目は点と呼ばれる。 漢字を4バイトで表現する場合の3バイト目である。1バイト目は群、2バイト目は面、4バイト目は点と呼ばれる。

概要 (Wikipediaから引用)

『四諦』より : 仏教における苦(く、duḥkha दुःख)とは、サンスクリット語の「ドウクハ」に由来する。「ドウクハ」は「豆法」と音写され、苦と訳された。 「ドウクハ」の「ドウ」(duḥ = dus)は、「悪い」という意味、「クハ」(kha) は「運命」「状態」の意味であるから、苦とは、もともと悪い状態、悪い運命というような意味をもっていたが、一般に身心を逼悩することをいうとされる。すなわち、精神と肉体とが悩みに逼迫されている状態である。このうち、精神の苦について、憂・愁・嫉妬などをあげている。また、肉体的な苦は種々の病などであるという。 二苦 このような精神的な苦と肉体的な苦とは、人間自身の内的な苦であるから、これを内苦といい、他人から迫害されたり、自然の力によって悩まされたりする風雨寒熱などの苦を外苦とよぶ場合もある。しかし、仏教では中心は、人間自身の苦として、たとえ外からうけるものであっても、それを内に感じてゆくところに、その立場をとるというべきであろう。

概要 (Wikipediaから引用)

軀(むくろ)は、漫画及びそれを原作としたアニメと映画『幽☆遊☆白書』に登場する架空の人物。アニメでは高山みなみが声優を担当する(96話のみ折笠愛が担当)。 原作漫画のラスト20話で初登場したキャラクターで、初登場時は性別が不明であったが、後に女性であることが判明している。作者のお気に入りのキャラクターの一人で、作者は彼女の昔時代をもっと詳しく描きたかったと述べる。モデルは『風の谷のナウシカ』に登場するクシャナ。その為か、アニメでは担当声優はジブリ作品で主演を務めた高山であったり、飛影との移動シーンで王蟲を意識した移動要塞が登場している。 名前の由来は、死体を意味する「むくろ」から。魔界に強大な国家を形勢していた三大妖怪の一人。彼女の配下にあった軍事力は、雑兵ですらA級妖怪で構成されているなど三大妖怪の軍事力の中で最も強大であり、彼女はその中から厳選された77人の戦士を直属の側近としていた。浦飯幽助の先祖・雷禅、蔵馬の古い盗賊仲間・黄泉と肩を並べ、500年以上にわたって互いに睨み合いを続けていた。

概要 (Wikipediaから引用)

『く』より : ク く - 日本語の仮名。 ク (犬種) - イギリス・アイルランドの犬種。

来る

概要 (Wikipediaから引用)

『来るべき世界』(きたるべきせかい)は手塚治虫のSF漫画。1951年、大阪の不二書房より上下2巻の作品として刊行された、単行本書き下ろし作品(このときの版では上巻には「前編」、下巻には「宇宙大暗黒編」という副題があった)。『ロストワールド (漫画) ロストワールド』『メトロポリス (漫画) メトロポリス』と並んで、手塚治虫の「初期SF3部作」と呼ばれる作品の一つである。当時の東西冷戦を背景に、人類の存亡をめぐる大河ドラマを展開する長編作品であった。「3部作」の他の2作と比較した場合、本作は分量の点では最長であり、多くの立場の異なるキャラクターを同時並行で描く群衆劇と呼べる作品となっている点が大きな特徴である。また、人類を越える「超人類」と呼べる登場人物により人類を相対化するという手法は、その後『0マン』など複数の手塚作品でも用いられることになる。

くる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

繰る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

く、クは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第3段(か行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぐ、グ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「く」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。 濁音 「ぐ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「く゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 五十音順: 第8位。 いろは順: 第28位。「お」の次。「や」の前。 平仮名「く」の字形: 「久」の草体 片仮名「ク」の字形: 「久」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第六版より) ローマ字 く: ku ぐ: gu 点字: 40px 通話表: 「クラブのク」 モールス信号: ・・・- 手旗信号:1150px 発音:Japanese ku.ogg く く に関わる諸事項 合拗音の/kwa/, /gwa/は、「く」、「ぐ」に「わ」を後続させて表記する。

刳る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くい

概要 (Wikipediaから引用)

くいしんぼう仮面(くいしんぼうかめん)は、日本のマスクマンのプロレスラー。身長182cm(頭頂部の黄色いポンポン含む)、体重は変動が激しいため不定。大阪プロレス所属。大阪名物くいだおれ人形のパロディキャラで、その姿はくいだおれ人形とピエロをミックスしたような姿である。全く喋れない(喋らない)キャラクターだが、大阪プロレスのお笑い部門の中核メンバーで、動きや仕草で観客を笑わせる。キャッチフレーズは「道頓堀の大食い自慢」。あだ名は「くいしんぼう」「くいさん」その正体はかつてIWA・JAPANに所属していた月岡 明則(つきおか あきのり)とする説がある。 1999年、大阪プロレス旗揚げ戦に登場する。 2003年、2月1日にえべっさんとの間で行われた大阪名物世界一決定戦「敗者キャラクター剥奪マッチ」に敗れくいしんぼう仮面のキャラクターを剥奪される。デザインがあまり変わらないロボットキャラ「スーパーロボK」となるが、うやむやのうちに4月から元のくいしんぼう仮面に戻る。