「くい」とは?

言葉 詳細
久井

概要 (Wikipediaから引用)

杭(久井)の始まり  今から千年以上もの昔、平安時代天暦5年(951)頃、牛馬商人が一頭の牛を稲生神社神域の室山(亀甲山:現在の「牛山公園」)で商った。 その牛はことのほか生育が良く、「これはひとえに久井稲生神社の御神徳によるもの」と信じ、室山で牛馬の売買をする者が次第に多くなっていった。 平安時代応和元年(961)頃、室山に伯耆大仙神社大明神を勧請した。応和3年(963)頃から、多数の牛馬商人が参集し、牛馬の売買が盛んとなり 久井牛馬市の基礎が定まったと伝えられている。 江戸時代延宝8年(1680)久井牛馬市は、広島藩の公認となり中国・四国地方はもとより、近畿・九州・北陸地方からも承認が大勢集まった。 この頃から備後「杭の牛市」は豊後(大分県)の「浜の牛馬市」、伯耆(鳥取県)「大仙の牛馬市」と共に日本三大牛馬市の一つとして広く知られるよう になった。 明治時代になってから、市場開催日が一回から三回になり、昭和の初め頃までは一万数千頭の牛馬が集まり、大変な賑わいであった。

悔い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

杭(杙、くい、英: pile )は、建造物の固定や目印のために地中に打ち込む木の棒で、なかでも特に長さが人の腰くらいまでのものをさす。木製のものには腐るという致命的な欠陥があるため、最近は用途に応じて金属製やプラスチック製のものを用いることが多い。大きなもの(とくに上のものを支える用途を持つもの)は柱という。杭を埋設することを杭打ち、その機械を杭打ち機(英: pile driver)という。 杭の使用目的 一口に杭といってもいろいろな目的で使用される。以下は具体例である。 土地・区画の境界を定める。 特に歩道と車道の交叉部分に設けられる横断歩道においてその入口に立てられたものには車がその部分から進入して歩行者に危害を与えることを防止している。 車道の真ん中にあって上り車線と下り車線を分かつ役割を持つものなどは車がぶつかってもあまり車に傷がつかないようにやわらかくなっている。 テントや船などをロープなどで固定するための支えとして使う。 軟弱な地盤に建物などを作る際、支持層まで杭を設置し、地震や地盤沈下によって傾かないようにする。

くいる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

食う

概要 (Wikipediaから引用)

『捕食-被食関係』より : 捕食-被食関係というのは、生物の種類間の関係のひとつである。食う食われるの関係とも言う。 概論 一つの生物群集に含まれる生物の種間に見られる関係にはさまざまなものがあるが、あるものが他のものに食われる、という関係は、基本的な関係のうちのひとつである。植物は互いにそのような関係を持つことはないが、動物はすべて他のものを食うものである。植物を食べるもの、動物を食べるものと、それぞれさまざまである。植物は独立栄養であり、栄養を光合成で生産できるので、この関係には深く関わらないように見える。しかし、植物の生産物は、生きて食われるか、さもなければ死んで後に食われて、最終的には他の生物に受け渡される。動物はすべて食うものであり、同時に、その多くは他のものに食われる可能性がある。 一般社会では、往々にして「食うか食われるか」という言葉が使われ、それが自然界のあり方であるかのように言われることがある。この言葉は、甲と乙という動物があれば、甲が乙を食うこともあれば、乙が甲を食うこともあるのだとの意味であるが、そのような関係が自然界で見られることは、皆無とは言わないまでも、普通ではない。

悔いる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

喰う

概要 (Wikipediaから引用)

『食事』より : 食事(しょくじ、英: meal)とは、栄養をとるために毎日習慣的に何かを食べることである。また転じて、その時食べるものを指すこともある。 解説 食事とは、基本的には栄養、すなわち人間が生命を維持し活動し成長をするために必要な栄養素を摂る行為である。通常は何らかの食材を調理してできた料理、あるいは食品を食べる形が一般的である。ただし、栄養をとるためとは言うものの実際には人間は、栄養素の摂取のためだけでなく、味を楽しむため等、様々な目的や意味を込めつつ食事をしている。 食事の時刻、回数、食事の種類、調理法、食べ方には、食事をする人の文化や宗教が反映される。また個人的な好みや栄養学的な知識等も反映される。例えば中国での食事には、中国の文化、世界観、家族観といったものが反映されている。また、中近東などでは、一族が部屋の床に円を描くように座し、やはり彼らの文化に基づいた作法で食事をしている。食事にはしばしば宗教的な意味が込められている(#宗教と食事) 生活の中でも食事に関することがら全般を指して食生活(しょくせいかつ)と呼ばれる。

くう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くい

概要 (Wikipediaから引用)

くいしんぼう仮面(くいしんぼうかめん)は、日本のマスクマンのプロレスラー。身長182cm(頭頂部の黄色いポンポン含む)、体重は変動が激しいため不定。大阪プロレス所属。大阪名物くいだおれ人形のパロディキャラで、その姿はくいだおれ人形とピエロをミックスしたような姿である。全く喋れない(喋らない)キャラクターだが、大阪プロレスのお笑い部門の中核メンバーで、動きや仕草で観客を笑わせる。キャッチフレーズは「道頓堀の大食い自慢」。あだ名は「くいしんぼう」「くいさん」その正体はかつてIWA・JAPANに所属していた月岡 明則(つきおか あきのり)とする説がある。 1999年、大阪プロレス旗揚げ戦に登場する。 2003年、2月1日にえべっさんとの間で行われた大阪名物世界一決定戦「敗者キャラクター剥奪マッチ」に敗れくいしんぼう仮面のキャラクターを剥奪される。デザインがあまり変わらないロボットキャラ「スーパーロボK」となるが、うやむやのうちに4月から元のくいしんぼう仮面に戻る。