「くし」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

串(くし、英語 Skewer)は、細長い棒状もしくは剣状で、食品に刺すために用い、多くは一端を鋭く尖らせている調理器具。 長さ、太さ、形状は用途によって様々であるが、素材から分けた金串(かなぐし)と竹串(たけぐし)が代表的である。 用途 肉や野菜、魚介類などの食品が食べやすいように刺したり、それらを焼いたり揚げたりする際に用いられる場合が多い。代表的な用途として、蒲焼、焼き鳥、串カツ、串揚げ、味噌田楽、団子、焼き魚などがある。おでんやつみれなどの煮物では、加工後に串に刺されて出される物もある。たこ焼きも、古いかたちでは串に刺されて供されていた。また、目刺しや串柿など、吊るして乾燥しやすくするために刺すものもある。 食べ物に刺して持てるようにする場合でも、りんご飴の様に重量があったり、綿飴(綿菓子)の様にかさばる場合は、串ではなく、割り箸が使われる場合がある。銀杏など、小さなものを刺す場合は、爪楊枝で代用されることもある。 他にも、茶碗蒸しやスポンジケーキなどの蒸し物やハンバーグなどの焼き物の火の通り具合を探るために、竹串を刺してみるなどの使い方がある。

久志

概要 (Wikipediaから引用)

久志村(くしそん)はかつて沖縄県(戦後は琉球政府)国頭郡にあった村で、現在の名護市東部にあたる。現在は久志地域(名護市久志支所管内)として名護市の一地域として位置づけている。 1908年の島嶼町村制で久志間切から久志村となり、1923年に北部が東村として分立。1970年に名護町・屋部村・羽地村・屋我地村と合併、名護市となり廃止した。村役所は瀬嵩に置かれた。 沿革 1673年に名護間切の大浦・瀬嵩・汀間・安部・嘉陽・天仁屋・有銘・慶佐次・平良川・川田の10村、金武間切の久志・辺野古が分離して久志間切が新設された。1896年に国頭郡に編入した後、1908年4月1日の島嶼町村制で久志村となった。当時は村域が南北に約70kmと長く、村落が湾入が多く険しい海岸線にあるため行政運営が困難だったため、有銘・慶佐次・平良・川田・宮城・高江の北部6集落には分村の動きが高まり、1923年4月1日に北部6集落が分村、東村が誕生した。

久枝

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

櫛(くし)は、髪をといたり、髪を飾ったりする道具。英語でコーム (comb) と呼ぶこともある。 形状は通常、板状であり、長辺の片方に等間隔の切り込みが入れられている。切り込みと切り込みの間の部分は歯と呼ばれ、歯に髪を通すことで髪をとく、挿し櫛として簪(かんざし)と同じように髪を飾るといった使い方をする。古くはダニやシラミ・ノミといったような吸血虫やふけ・埃などを取り除く衛生用具としての側面もあったが、時代を下がり、入浴や洗髪の習慣が普及するようになると、こういった衛生用具としての役目は小さくなっていった。 同じく髪をとく道具にヘアーブラシがあるが、櫛が板状であるために歯が1列に並んでいるのに対し、ブラシは歯に相当するピンが毛などで作られていて複数列あり、使用目的によって配列が異なっている、という違いがある。 櫛の歴史は古く、現代のヘアピンに近い単純なつくりのものを含めると、さらにその時代をさかのぼることになる。歯をそなえた櫛は古代エジプトですでに広く使用されていたと考えられており、日本においても縄文時代早期(約7000年前)のものとみられる木製櫛が佐賀市東名遺跡から出土している。

区史

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くし

概要 (Wikipediaから引用)

くし 串 - 細長い棒の一方を鋭く尖らせた調理器具。 櫛 - 髪をといたり、髪を飾ったりする道具。 釧 - 弥生時代から古墳時代にかけて使用された、手首や肘に装着するリング状の装身具。 クシ ギリシア文字の第14字母。Ξを参照のこと。 初期キリル文字のひとつ。クシ (キリル文字)を参照のこと。 北海道旅客鉄道根室本線の釧路駅の電報略号。 北海道旅客鉄道の車両基地・車両工場である釧路運輸車両所の電報略号。

クシ

概要 (Wikipediaから引用)

『くし』より : くし 串 - 細長い棒の一方を鋭く尖らせた調理器具。 櫛 - 髪をといたり、髪を飾ったりする道具。 釧 - 弥生時代から古墳時代にかけて使用された、手首や肘に装着するリング状の装身具。 クシ ギリシア文字の第14字母。Ξを参照のこと。 初期キリル文字のひとつ。クシ (キリル文字)を参照のこと。 北海道旅客鉄道根室本線の釧路駅の電報略号。 北海道旅客鉄道の車両基地・車両工場である釧路運輸車両所の電報略号。

くい

概要 (Wikipediaから引用)

くいしんぼう仮面(くいしんぼうかめん)は、日本のマスクマンのプロレスラー。身長182cm(頭頂部の黄色いポンポン含む)、体重は変動が激しいため不定。大阪プロレス所属。大阪名物くいだおれ人形のパロディキャラで、その姿はくいだおれ人形とピエロをミックスしたような姿である。全く喋れない(喋らない)キャラクターだが、大阪プロレスのお笑い部門の中核メンバーで、動きや仕草で観客を笑わせる。キャッチフレーズは「道頓堀の大食い自慢」。あだ名は「くいしんぼう」「くいさん」その正体はかつてIWA・JAPANに所属していた月岡 明則(つきおか あきのり)とする説がある。 1999年、大阪プロレス旗揚げ戦に登場する。 2003年、2月1日にえべっさんとの間で行われた大阪名物世界一決定戦「敗者キャラクター剥奪マッチ」に敗れくいしんぼう仮面のキャラクターを剥奪される。デザインがあまり変わらないロボットキャラ「スーパーロボK」となるが、うやむやのうちに4月から元のくいしんぼう仮面に戻る。

駆使

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。