「くせ」とは?

言葉 詳細
久世

概要 (Wikipediaから引用)

久世(くせ、くぜ) くせ 岡山県 久世 (真庭市) - 真庭市にある大字。 久世町 - 岡山県真庭郡にあった地方公共団体。現・真庭市。 久世村 (岡山県) - 岡山県真島郡にあった地方公共団体。現・真庭市。 久世郷 - 古代、美作国真島郡にあった郷。 久世代官所 - 江戸時代、美作国真島郡にあった江戸幕府代官所。久世陣屋。 久世宿 - 江戸時代、美作国真島郡にあった宿場町。 久世駅 - 岡山県真庭市にある西日本旅客鉄道姫新線の駅。 久世インターチェンジ - 岡山県真庭市にある米子自動車道のインターチェンジ。 日本人の姓くぜ 京都府 久世 (京都市) - 京都府京都市南区の地名。旧久世村域。 久世郡 - 京都府・山城国の郡。 久世村 (京都府) - 京都府乙訓郡にあった地方公共団体。現・京都市南区。 大阪府 久世 (堺市) - 大阪府堺市の地名。旧久世村域。 久世村 (大阪府) - 大阪府泉北郡にあった地方公共団体。現・堺市の中区と南区に跨っている。 久世 (企業) - 東京都の食品卸売業者。社名は創業者に由来。 日本人の姓 久世氏 - 日本の氏族。

久瀬

概要 (Wikipediaから引用)

久瀬村(くぜむら)は、岐阜県揖斐郡にあった村である。旧池田郡。2005年1月31日に揖斐郡内の他5町村と合併し揖斐川町となった。久瀬村の名は揖斐川の古名「久瀬川」に由来している。 地理 揖斐郡のほぼ中央に位置し、町の中央部を揖斐川が流れている。 隣接していた自治体 本巣市 揖斐郡揖斐川町、谷汲村、藤橋村、坂内村、春日村 沿革 1889年(明治22年)7月1日 - 町村制施行に伴い池田郡日坂村,西津汲村,東津汲村,外津汲村,三倉村,乙原村,樫原村,小津村,東横山村,西横山村,鶴見村,東杉原村が成立。 1896年(明治29年)4月18日 - 池田郡が大野郡の一部と合併して揖斐郡となる。 1897年(明治30年)4月1日 - 日坂村、西津汲村、東津汲村、外津汲村、三倉村、乙原村、樫原村、小津村、東横山村、西横山村、鶴見村、東杉原村が合併して久瀬村が成立 1913年(大正2年)4月1日 - 一部(東横山、西横山、鶴見、東杉原)が分立して藤橋村となる 2005年(平成17年)1月31日 - (旧) 揖斐川町・谷汲村・春日村・藤橋村・坂内村と合併して揖斐川町となる。

概要 (Wikipediaから引用)

癖(くせ)とは、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動のことである。手足や体の動かし方、話し方などで同様な状況のもとで常に自動的に繰り返される傾向。広い意味では習慣の一種とみられるが、極端な場合には通常よりも不必要に偏向した反応として現れる。 自分は気づいていないという場合が多い。また、気づいていたとしても、特に強く意識せずに行っている行動も含む。一般に、高齢になるほど習慣で行動する傾向が強まり、そのため癖が付くとなかなか直らない傾向になる事が多い。 呼吸・排泄など、生命活動を維持するために必要となる習慣的な行動については、「癖」とは言わない。 なお、ここでは、口癖についても表記する。 習慣と癖 一般に同じ状況下で繰り返される行動がその状況に適切な仕方で安定し、滞りなく進行することが習慣と呼ばれる。習慣は状況に適応するだけではなく、類似の状況に転移する積極的な意味を持つ一方、状況が実際には変化しても同じ行動を固執し、不適切な結果をきたすという消極的な意味を持つことがある。

概要 (Wikipediaから引用)

曲(きょく) 音楽において続けて演奏されるひとまとまりのこと。楽曲を参照。 中国における古典的な歌謡文芸あるいは韻文文学の一つ。詞余(しよ)ともいう。宋以来、北曲あるいは南曲といわれる旋律につけられた長短句の歌詞。元代に隆盛した元曲が有名。曲には散曲と戯曲(雑劇・戯文・伝奇など)の区別があり、戯曲では歌劇中の歌詞であるが、散曲では歌謡の歌詞であり、詞に近い。形式的には単独の小令と組歌形式の套数の2つがある。押韻は詩や詞と異なり、当時の発音に基づいて行われた。 曲 (姓) - 漢姓のひとつ。曲(まがり) 曲駅 - 新潟県西蒲原郡月潟村(現:新潟市南区)にあった新潟交通電車線の駅。 カーブ、曲線 関連項目 チューン。

クセ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くせ

概要 (Wikipediaから引用)

『癖』より : 癖(くせ)とは、人が無意識のうちに、あるいは特に強く意識することなく行う習慣的な行動のことである。手足や体の動かし方、話し方などで同様な状況のもとで常に自動的に繰り返される傾向。広い意味では習慣の一種とみられるが、極端な場合には通常よりも不必要に偏向した反応として現れる。 自分は気づいていないという場合が多い。また、気づいていたとしても、特に強く意識せずに行っている行動も含む。一般に、高齢になるほど習慣で行動する傾向が強まり、そのため癖が付くとなかなか直らない傾向になる事が多い。 呼吸・排泄など、生命活動を維持するために必要となる習慣的な行動については、「癖」とは言わない。 なお、ここでは、口癖についても表記する。 習慣と癖 一般に同じ状況下で繰り返される行動がその状況に適切な仕方で安定し、滞りなく進行することが習慣と呼ばれる。習慣は状況に適応するだけではなく、類似の状況に転移する積極的な意味を持つ一方、状況が実際には変化しても同じ行動を固執し、不適切な結果をきたすという消極的な意味を持つことがある。

救世

概要 (Wikipediaから引用)

救世軍(きゅうせいぐん、英: The Salvation Army)は、世界126の国と地域で伝道事業(=宗教活動)、社会福祉事業、教育事業、医療事業を推進するキリスト教(プロテスタント)の教派団体。日本では日本福音同盟に加盟している。軍隊を模した組織をとって行う活動や、クリスマスを中心とした年末に行われる募金活動「社会鍋」で有名。 なお、英語の「The Salvation Army」を「救世軍」と日本語に翻訳したのは尾崎行雄である。 救世軍は、1865年にイギリスのメソジスト教会の牧師、ウィリアム・ブースと妻キャサリンによって、ロンドン東部の貧しい労働者階級に伝道するために設立された。設立当初は「キリスト教伝道会」(東ロンドン伝道会)と称する超教派の伝道団体だったが、軍隊式の組織編制、メンバーの制服・制帽・階級章類の着用、軍隊用語の使用などを採用し、1878年に「救世軍」と改称した。