「くろう」とは?

言葉 詳細
九郎

概要 (Wikipediaから引用)

九郎原駅(くろうばるえき)は、福岡県飯塚市内住川原にある、九州旅客鉄道(JR九州)篠栗線(福北ゆたか線)の駅である。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。開業時は片面ホームのみの1面1線であったが、2001年10月の電化と同時に交換設備が設置され相対式ホームの構造になる。 無人駅。SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売とチャージの取り扱いは行わない。無人駅であるが、2両編成のワンマン列車は全てのドアが開く。 2015年3月14日のダイヤ改正により、一部の普通列車が当駅を通過。 利用状況 2011年度の1日平均乗車人員は14人である。 駅周辺 駅ホームから篠栗トンネルの坑口が見える。篠栗トンネルの開通を以て篠栗線が全通したことから、篠栗線開通記念碑がある。 駅周辺地域は峠道の麓の山間で人家もまばらである。筑前大分駅に近い地域では住宅地の開発も行われているが、当駅の駅前地域にまでは行き渡っていない。そのため、篠栗線内では、筑前山手駅と並んで乗客の少ない駅となっている。

クロウ

概要 (Wikipediaから引用)

クロウ CROW カラスのこと。 クロウ族 アメリカ州の先住民族の一つ。 クロウ 飛翔伝説、THE CROW、クロウ・復讐の翼 ジェームズ・オバーによるコミックを映像化した映画。第一作の主演はブランドン・リー。 クロウ・天国への階段 上記作品の続編として制作された米国のテレビドラマシリーズ。マーク・ダカスコス主演。 アーロン・クロウ(Aaron J. Crow, 1986-) アメリカ合衆国の野球選手。 キャメロン・クロウ(Cameron Crowe, 1957-) アメリカ合衆国の映画監督、脚本家。 シェリル・クロウ(Sheryl Suzanne Crow, 1962-) アメリカ合衆国のシンガーソングライター。 ラッセル・クロウ(Russel Ira Crowe, 1964-) ニュージーランドの俳優。 C.R.O.W. Windowsで動作するデスクトップ常駐型アプリケーション「伺か」の互換アプリケーション。 架空のキャラクター コンピュータゲーム『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の登場人物、キャプテン・クロウ。

黒い

概要 (Wikipediaから引用)

『黒い太陽』(くろいたいよう)は、新堂冬樹の小説。2004年から2006年にかけて祥伝社の月刊誌『小説NON』に連載されていた。テレビドラマ化、漫画化もされている。 続編の『女王蘭』(漫画版では「続・黒い太陽 女王蘭」)についてもここに記述する。 ストーリー 黒い太陽 女王蘭 登場人物 立花篤 主人公。『ミントキャンディ』ホール係。18歳→23歳。高校中退。一度は失脚し、服役するが出所後『フェニックス』をオープン。マスコミにも取り上げられるまでに成長し、「キャバクラ王子」と呼ばれるように。「女王蘭」では、『クールビューティー』に対抗するため2号店をオープンさせた。 藤堂猛 年商190億円を売り上げる藤堂観光の社長。風俗王。29歳→34歳。 5年後の「女王蘭」では、六本木に構えていた『クールビューティー』を歌舞伎町に移転。立花と壮絶な戦いを繰り広げたが、優姫(後述)の件で撤退を余儀なくされた。 千鶴 『ミントキャンディ』No.1キャスト。父親が残した莫大な借金を幼馴染の藤堂に立て替えてもらっている。

くろい

概要 (Wikipediaから引用)

『とちぎ (列車)』より : おはようとちぎ・ホームタウンとちぎは、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)が新宿駅 - 黒磯駅間を山手線・東北本線(宇都宮線)経由で運行していた特別急行列車である。 本項では、「おはようとちぎ」・「ホームタウンとちぎ」のほか、かつて東北本線の上野駅・新宿駅 - 黒磯駅間(宇都宮線区間)で運行された優等列車の歴史についても概説する。 廃止時の運行概要 朝に運行された列車は上り「おはようとちぎ」、夕方に運行された列車は下り「ホームタウンとちぎ」であり、通勤ライナーに近い朝上り・夕方下りの運転体制を取っていた。2008年3月15日のダイヤ改定で新宿発古河行きの「ホームライナー古河5号」が廃止されたのに伴い、この列車の帰り便として設定されていた宇都宮発新宿行き特急「おはようとちぎ2号」が廃止された。「ホームライナー古河5号」および特急「おはようとちぎ2号」の廃止によって空いた車両の運用枠は、別路線の通勤ライナーに充当された。なお、この廃止は利用客数の低迷によるものではなく、他路線の通勤混雑の緩和を目的とするものであった。

苦労

概要 (Wikipediaから引用)

『ドラえもんの道具 (くな-くん)』より : ドラえもんのひみつ道具 (くな-くん) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「くな」で始まるものから「くん」で始まるものまでを列挙する。 組み立て円盤セット 組み立て円盤セット(くみたてえんばんセット)は、「ニセ宇宙人」(てんとう虫コミックス10巻に収録)に登場する。 未来の世界の幼稚園児たちの遊び道具で、プラモデルのような組み立て式の空飛ぶ円盤。人が乗れるほどのサイズで、実際に乗って操縦し、空を飛ぶことができる。 のび太とドラえもんがスネ夫とジャイアンにラジコン宇宙人と合わせて使用し、「日本の首相に会いたい」と言う要求にだまされたスネ夫が慌てて鈴木首相(初期の版では三木首相)に電話をかけていた。 雲かためガス 雲かためガス(くもかためガス)は、「未来世界の怪人」(てんとう虫コミックス4巻に収録)、「長い長いお正月」(同23巻に収録)、「ひるねは天国で」(同34巻に収録)、「ジャック豆」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』1巻に収録)、『ドラえもん のび太と雲の王国』の5作品に登場する。