「くーりー」とは?

言葉 詳細
苦力

概要 (Wikipediaから引用)

苦力(クーリー)とは、19世紀から20世紀初頭にかけての、中国人・インド人を中心とするアジア系外国人・移民の、手に職を持たない単純労働者である。アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ペルー、南アフリカ共和国、スリランカ、マレーシア、ハワイ、フィジー、モーリシャス、レユニオン島、西インド諸島等で低賃金で過酷な労働を強いられた。奴隷制度が廃止された後、ヨーロッパ諸国の多くの植民地やアメリカで労働力が不足した。イギリスの植民地であったインド亜大陸の貧民層や、アヘン戦争後には、広東・福建両省を中心に、汕頭市、アモイ、マカオなどから労働力としてのクーリーが世界各地に送られた。当初はインド人労働者を指した呼び名であったが、後に中国人労働者に「苦力」という漢字をあてた。

クーリー

概要 (Wikipediaから引用)

名称=クーリーローチ 色=pink 界=動物 動物界 Animalia 門=脊索動物 脊索動物門 Chordata 亜門=脊椎動物 脊椎動物亜門 Vertebrata 上綱=魚類 魚上綱 Pisciformes 綱=硬骨魚綱 Osteichthyes 目=コイ目 Cypriniformes 科=ドジョウ科 Cobitidae 属=パンギオ属 ”Pangio” 種=クーリーローチ ”P. kuhlii” 学名=”Pangio kuhlii”Valenciennes, 1846クーリーローチ(Kuhli loach, 学名:”Pangio kuhlii”)は、東南アジアに生息するドジョウの仲間。黄色の地に黒の縦縞模様と日本のドジョウに比べると派手な色彩で、観賞用として広く飼育されている。なお、クーリーローチとして輸入されるローチには複数の別の種類が混じっているが、ほとんどはクーリーローチと区別されずに販売される。飼育にはそれほど難しくはないが、底砂にもぐることがあるので、しっかり餌が行き届くように注意する必要がある。また、細い管や流木などの隙間に入り込んで死んでしまうこともある。