「ぐさい」とは?

言葉 詳細
愚哉

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

救済

概要 (Wikipediaから引用)

救済(きゅうさい、英語: salvation)とは、ある対象にとって、好ましくない状態を改善して(脱して)、望ましい状態へと変える(達する)ことを意味する。宗教的な救済は、現世における悲惨な状態が宗教に帰依することで解消または改善されることも意味する。様々な宗教で極めて重要な概念であり、救済を強調する宗教は救済宗教とも呼ばれ、救済宗教」で通常「救済」という場合は、現世の存在のありようそのものが、生及び死を越えた存在領域にあって、何らかの形で決定的に改善されることを表すのが一般である。 救済の型の分類 救済される場所による分類:来世救済型 対 現世救済型 救済される対象による分類:個人救済型 対 集団救済型 救済される方法による分類:自力救済型 対 他力救済型救済の型には、生者や死者や魂などが天国や極楽や理想郷などの「あの世」に行く「来世救済型」と、神や仏や菩薩や救世主や理想郷などが「この世」に現れる「現世救済型」がある。

愚妻

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。