「ぐしちゃん」とは?

言葉 詳細
具志頭

概要 (Wikipediaから引用)

具志頭 朝盛(ぐしちゃん ちょうせい、万暦6年(1578年)5月20日 - 万暦38年(1610年)8月21日)は、琉球王国第二尚氏王統の摂政。尚維衡・浦添王子朝満を元祖とする向氏小禄御殿の四世で、唐名は尚宏、童名を思次郎金という。家譜や史書などで采地名の「具志頭」に接頭美称辞「大(読みはウフ)」を付して「大具志頭王子朝盛」と表記されることもある。7代尚寧王の弟。 尚真王代(1476年 - 1526年)に廃嫡された尚維衡・浦添王子朝満の曾孫であるが、6代尚永王が薨じたとき、推されて長兄:尚寧が践祚し、これによって朝盛は王弟となり王子位に陞った。のちに父親である尚懿・与那城王子朝賢も、王の父たるをもって王号を追贈されている。 また兄王のもと摂政に任じられたが、これは第二尚氏の時代における最初の摂政であった。 1609年の薩摩の侵攻にさいしては和議の使者としてこれにあたり、そのご兄王が薩摩へ連行されるときには随行し輔弼した。のち一旦帰国するも再度薩摩へ赴き、翌1610年に兄王ともども島津家久に伴われて江戸へむかうが、駿府で徳川家康に謁したのち、二週間ほどで病をえて同地で亡くなった。