「ぐしゃ」とは?

言葉 詳細
愚者

概要 (Wikipediaから引用)

愚者(ぐしゃ、”The Fool”)は、タロットの大アルカナに属するカードの1枚。カード番号は「0」であるが、この番号が与えられているのはウェイト版タロット ウェイト版など黄金の夜明け団系のデッキが多く、マルセイユ版タロット マルセイユ版などの伝統的なデッキでは番号が書かれていないものが多い。また、トランプのジョーカー (トランプ) ジョーカーの原型がこのカードだとする説もあるが、現在では否定されている。アーサー・エドワード・ウェイトのタロット図解における解説では「夢想・愚行・極端・熱狂」を意味するとされる。また、カバラにおけるヘブライ文字の神秘的解釈と関連付けた解釈では、ヘブライ文字アレフ(א)を介してエリファス・レヴィの著書『高等魔術の教理と祭儀』ではヘブライ文字シン(שׂ)が当てはめられ、カードの並び順では「審判 (タロット) 審判」と「世界 (タロット) 世界」の間に置かれている。なお、シンは生命の樹におけるホドとマルクトを結合する経に関連付けられ、現在では「審判 (タロット) 審判」が当てはめられている。西洋占星術上では「天王星」(冥王星とする説もある)と結び付けられ、生命の樹におけるケテルとコクマーのセフィラを結合する経に関連付けられ、同時に四大元素の「風」を象徴するとされる。