「ぐすく」とは?

言葉 詳細
城久

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防御拠点として設けられた建築物。戦闘拠点であるとともに、食糧や武器や資金の備蓄場所でもある。主要な城は指揮官の住居であり、政治や情報の拠点であった。純防衛用として山地に建築されることも多いが、街道や河川などの交通の要衝を抑え利用することも多い。城郭ともいう。 ヨーロッパ、中国などの大陸では、都市を囲む城壁と、戦闘拠点の城砦(城塞、城館)とを区別する。城という漢字自身は本来前者の城壁都市を意味する。しかし日本においては城壁都市が普及しなかったこともあり、主に後者の城砦の意味で使用される。本稿でもこれを説明する。 城には一般的には次の機能がある。 防衛機能 不意の攻撃や戦力に劣る場合、籠城する。 支配の拠点 領地支配の象徴としたり、敵地への支配地拡大の前線基地とする。 君主の住居 通常の領主の生活の場であり、住民達の拠点でもある。 日本 日本の城は、古代から江戸末期までに平地や丘陵、山を利用して築かれた。しかし、日本における城は古代と中世以降で使われている土木、建築技術や用途が多少異なる。