「けあな」とは?

言葉 詳細
毛穴

概要 (Wikipediaから引用)

毛包 (もうほう、英: hair follicle) は毛を産生する哺乳類の皮膚付属器官である。毛の産生には幹細胞が関与している。 毛包のうち、皮膚表面から見ることのできる部分は一般に毛穴(けあな)と呼ばれている。人の肌の1cm四方には、少なくとも20個はあるという。発毛以外にも毛包の役割は幾つかあるが、いずれも体内から体外へと放出する役割をもつ。皮膚呼吸はこれの代表で、水蒸気などを発散している。また皮脂も分泌されるが、皮脂が毛穴に溜まると角栓となって毛穴を塞ぎ、毛穴の機能を低下させる。また、恒温動物にとっての毛穴の重要な役割として体温の調節のために汗を発散することが挙げられる。これは汗腺から分泌された液体である。 構造 毛乳頭 毛乳頭は毛包の基部に存在する大きな構造である 。 毛乳頭は主として結合組織と毛細血管ループからなる。毛乳頭では細胞はほとんど、ないしは全く分裂しない。毛乳頭は卵型、ないしは洋なし型をしている。 毛母体 毛乳頭の周囲には、上皮細胞 (毛母細胞) と色素産生細胞であるメラノサイトからなる毛母体がある。

毛孔

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。