「けいえん」とは?

言葉 詳細
桂園

概要 (Wikipediaから引用)

桂園一枝(けいえんいっし)は、江戸時代後期に刊行された香川景樹(1768年-1843年)の家集。 1828年(文政11年)に完成し、1830年(天保元年)に刊行された。巻数は正編三冊、拾遺二冊。九八三首を収める。 小沢蘆庵(1723年-1801年)が提唱した「ただごと歌」(=人の心が発する自然の声をそのまま言葉にした歌)の主張を発展させ、優雅・清新な歌風をもって京都を中心とした歌壇に君臨した景樹の代表作である。景樹の家風は明治時代初期までもてはやされ、この歌集の名から桂園派と称された。景樹は「古今和歌集」の歌風を理想とし、紀貫之を歌聖と仰ぎ、それを実践するためにこの歌集を自ら撰集した。歌集の構成は四季・恋・雑・雑体(長歌・旋頭歌・俳諧歌)からなっている。

敬遠

概要 (Wikipediaから引用)

敬遠とは、大本は論語の一節、「鬼神を敬して之を遠ざく(敬鬼神而遠之)」から来ている。この言葉は「鬼神(霊などの超自然)に対しては敬いはするが、現実の生活にはこれを及ぼさない」との意味である。現在では「うやまう振りを見せながら実際には嫌い遠ざけること」との意味で使われる。 敬遠とは、野球において故意に四球を与えること。本稿で詳説する。敬遠(けいえん、intentional walk)とは、野球において投手が打者に対して、意図的に四球を与える行為である。公認野球規則においては「故意四球(こいしきゅう)」という用語で記述されているが、日本では敬遠という用語の方が広く一般に用いられている。