「けいおういなだづつみ」とは?

言葉 詳細
京王稲田堤

概要 (Wikipediaから引用)

京王稲田堤駅(けいおういなだづつみえき)は、神奈川県川崎市多摩区菅四丁目にある、京王電鉄相模原線の駅である。駅番号はKO36。 神奈川県及び川崎市最北端の駅である。 年表 1971年(昭和46年)4月1日 - 開業。快速の停車駅となる。 2001年(平成13年)3月27日 - 急行の運転開始。停車駅となる。 2013年(平成25年)2月22日 - 相模原線の特急(2代目)運行開始に伴い、特急の停車駅となる(2001年まで走っていた初代特急は通過していた)。 2015年(平成27年)9月25日 - ダイヤ改正、準特急の運転開始。停車駅となる。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。 出口は北口・南口の2か所である。北口は階段とエレベーターのみである。南口には各ホームと出口階を連絡するエレベーター(改札 - 1番線間は途中乗り換え)、中間階を挟む上り専用エスカレーターが各ホームとを連絡している。 各ホームには中央付近に待合室がある。 トイレは南口・北口双方の改札内にあり、いずれもユニバーサルデザインの一環として「だれでもトイレ」を併設している。