「けいか」とは?

言葉 詳細
恵果

概要 (Wikipediaから引用)

恵果(えか/けいか、746年 - 永貞元年12月15日(806年1月12日))は、中国唐代の密教僧で日本の空海の師。俗姓は馬氏。長安の東にある昭応の出身。真言八祖の第七祖。真言八祖像として描かれるときは、童子を従えた姿に描かれることになっている。 業績 出家した後、不空に師事して金剛頂系の密教を、また善無畏の弟子玄超から大日系と蘇悉地系の密教を学んだ。金剛頂経・大日経の両系統の密教を統合した第一人者で、両部曼荼羅の中国的改変も行った。長安青龍寺に住して東アジアの様々な地域から集まった弟子たちに法を授け、一方では代宗・徳宗・順宗と3代にわたり皇帝に師と仰がれた。 弟子 六大弟子 剣南の惟上。 河北の義円。金剛一界を伝授。 新羅の恵日。 訶陵の辨弘。胎蔵一界を伝授。 青竜の義明。唐朝において潅頂の師となったが、早世した。 日本の空海。両部を伝授。真言宗の開祖。 墓所 西安郊外の青龍寺にあるが、土佐市の青龍寺にも分骨墓がある。 出典 ==。

桂香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

経過

概要 (Wikipediaから引用)

『通過 (天文)』より : 通過(つうか、transit)は、天文学において、以下の2つの意味を持つ。 ある特定の地点にいる観測者から見たときに、ある天体が別の天体の全面を横切って動いていくように見える天文現象である。 天体が地球の自転のために昇ってから沈むまでのおおよそ中間付近で、子午線を通過する時に起こる。例えば、太陽は子午線を太陽時の正午に通過する。子午線通過の観測はかつては時間を記録するために非常に重要であった。本記事では、最初の意味の通過について解説する。 定義 通過 (transit) という単語は、観測者に近いほうの天体の見かけの大きさが遠い方の天体よりもかなり小さい場合を指す。近いほうの天体の方が大きく見え、遠い方の天体を完全に隠してしまう場合は、掩蔽 (occultation) と呼ばれる。ある天体が別の天体の影に入る現象は食 (eclipse) として知られている。これら3つの用語は、朔望 (syzygy) が目に見える形で現れた現象である。 通過の例の1つとして、惑星が地球上の観測者と太陽の間に入り込む現象がある。