「けいかい」とは?

言葉 詳細
軽快

概要 (Wikipediaから引用)

軽快車(けいかいしゃ)とは、現在はシティサイクルが総称となっている日本の自転車のカテゴリーであり、一般車、ママチャリなどとも呼ばれる、日常生活で使用する為の一般的な自転車である。 古くから普及していた実用車に比べ、酷使や重量荷物積載に備えた頑強な構造を見直し、乗用移動用途を主目的に軽量化や操作の軽易さなどに重点を置いたもので、スポーツ用自転車とは別種のカテゴリーに属する。第二次世界大戦以前ころのものは、日米富士自転車の「冨士覇王号」など、既存実用車の各部を軽量化したり簡易化したもので、各部が異なっている場合がある。 タイヤの規格の「BEタイヤ」から「WOタイヤ」への移行による軽量化と転がり抵抗の低減ならびに整備性の向上 フレーム各部の寸法と角度の変更による、低速での安定性よりも軽快な運動性を重視した走行特性の付与と小型軽量化 ハンドル幅の短縮 ペダル小型化 革サドルからテリー型サドル、後にはパンサドルへの変更によるメンテナンスフリー化 スプロケットの小径化による駆動系の小型化 後輪バンドブレーキの小型化 鋼鉄帯材組み立て式の大型荷台から薄鋼板プレス成型による軽量な荷台への変更1960年代に入ると、復興期以降増加してきた実用車の生産台数が減少し、軽快車の生産が伸びる。

経界

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

警戒

概要 (Wikipediaから引用)

『警棒』より : 警棒(けいぼう)は、棍棒の種類の一つで、護身用具・逮捕具として使用される物を指す。武器として使われる棍棒が殺傷力を高める構造になっているのに対して、警棒は過度に相手を傷つけない形状をしている事が多い。かつては木製の物が主流であったが、現在ではカーボン製や金属製、強化プラスチック製、硬質ゴム製の物も使用されている。単純な棒状でなくトンファー型の物や伸縮式の特殊警棒も存在する。 日本における警棒の扱い その機能・用法上、警察官や警備員が警棒を携帯していることが多い。基本的には殺傷力の低い護身用具として使われるが、扱いようによっては相手を死傷させかねない、れっきとした武器ともなる。日本では、警棒の購入や所有には法的規制は無いが、みだりに携帯すると違法(軽犯罪法違反など)とされる場合があり、充分な注意が必要である。なお、警察官や警備員の警棒操典では、使用に際しては過剰防衛にならないよう"首から下の部分"を、"殴る"のではなく"叩く・打つ"など、相手に与える打撃は制圧の為の必要最低限とする事が指導されている。