「けいかん」とは?

言葉 詳細
警官

概要 (Wikipediaから引用)

『』より : 警察官(けいさつかん)とは、警察に所属し、治安維持を主とした職務を遂行している人のことである。 ほとんどの国において、警察官の業務範囲は非常に広い。勤務時間中に起きる様々な出来事に対処することが多くの国において期待されている。行政作用の一翼を荷っており、法に基づいた判断や行動が求められているためである。 西欧諸国の大半では、法にもとづいた社会秩序を維持すること、あるいは社会的規範に適った平和な状態を維持することなどが、警察官の主たる役割である。 また、警察官は、災害の発生や人の行方不明といった何らかの緊急事態にも大量に動員されることがあり、消防士(消防署)や救急医療の専門家などと連係的な行動をとることもある。 ほとんどの国で交通の秩序を維持することにも携わっており、各国の交通に関する法律に対する違反行為を取り締まっている。例えば、速度超過、駐車違反、飲酒運転、無免許運転、免許証不携帯などの取り締まりである。 任務の遂行のために、銃器類、車両類(パトロールカー、オートバイ、装甲車)、無線機などの様々な装備を保持または使用していることが多い。

桂冠

概要 (Wikipediaから引用)

古代ギリシア・ローマ時代には、詩作も体育競技とならんで公開の競技であった。その勝利者には詩神アポロンにゆかりの月桂樹の編んだ冠が授けられた。この冠は月桂冠とよばれた。中世からルネサンスにかけてのイタリア人たちがこれに習い、ダンテ,ペトラルカ,タッソらが,その時代第一流の詩人として月桂樹を戴いた。とりわけペトラルカはローマ元老院から桂冠詩人の称号を与えられた。17世紀後の近代イギリスはこの習慣を国家の制度とし、桂冠詩人ポエット・ローリイット(poet laureate)と呼ばれる王室の一つの役職を設けた。これに従い、イギリスでは王家が桂冠詩人を任命し称号を与える。他方、現代においてはイギリス政府以外にアメリカ合衆国議会図書館のような他国政府系の文化機関や、世界芸術文化アカデミー、世界詩歌協会などの国際文化団体も、桂冠詩人の称号を授与することがある。 中世ヨーロッパの桂冠詩人 14世紀初め、『エケリニス』を著したパドヴァのムッサート(Albertino Mussato, 1261年 - 1329年)が古式にならい桂冠詩人になった。

景観

概要 (Wikipediaから引用)

景観(けいかん)とは、日常生活において風景や景色の意味で用いられる言葉である。植物学者がドイツ語のLandschaft(ラントシャフト)の学術用語としての訳語としてあてたもので、後に地理学において使用されるようになった。辻村太郎『景觀地理學講話』によれば、三好学が与えた名称である。字義的にも一般的な用法としても「景観」は英語のlandscape(ランドスケープ)のことであるが、概念としてはドイツを中心としたヨーロッパのLandschaftgeographie(景観地理学)の学派のものを汲んでいる。 田村明によると、都市の景(街並み)や村落の景(例えば屋敷森や棚田、漁港)など人工的な(人間の手が加わった)景を指すことが多いとしている。使用領域に関して見ると、「景観」の語は行政・司法や学術的な用語として使われることが多い。日本では2004年に景観法が制定されたが、法律上「景観とは何か」は定義されていない。学術上は、前述の地理学や、ランドスケープデザイン学、都市工学、土木工学、社会工学、造園学、建築学等で扱われることが多い。

鶏冠

概要 (Wikipediaから引用)

鶏冠区(けいかん-く)は中華人民共和国黒竜江省鶏西市に位置する市轄区。 区名は鶏冠山に由来する。 中華民国初期、遼陽よりの入植者が区域に居住するようになり密山県の管轄とされ、1921年(民国10年)以降は第6区第5保の管轄とされた。その後の炭鉱開発に従い人口が増加、工業化と商業化が進み、満州国時代には当初は鶏冠山保、後に鶏西街が設置されている。1941年(康徳8年)、鶏西街は鶏寧県と改編され、県中心部には鶏寧街が設置された。1946年(民国35年)5月、区域を実効支配した中国共産党は城関区を設置、1948年(民国37年)4月に周囲の農村区域に鶏冠区を新設している。1949年(民国38年)7月、鶏西県に移管され、翌年7月に鶏西区を分割し第1区と第2区が新設された。1956年1月、第1区を鶏西鎮に改称、同年5月には第2区は廃止となり城子河郷及び梁家街郷が設置された。1957年3月、鶏西鎮が廃止となり新設された鶏西市の鶏冠区と改編された。 行政区画 7街道、2郷を管轄: 街道弁事所:向陽街道、南山街道、立新街道、東風街道、紅軍路街道、西鶏西街道、西山街道 郷:紅星郷、西郊郷。

鶏姦

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

荊冠

概要 (Wikipediaから引用)

荊冠旗(けいかんき)とは全国水平社およびその後継団体の1つである部落解放同盟の団体旗。荊冠とはナザレのイエスが十字架の上で被せられた荊の冠であり、受難と殉教の象徴とされる。デザイン考案者は全国水平社創立者の一人西光万吉である。 水平社時代の荊冠旗は黒地(差別が続く暗黒社会の象徴)の中に血の色(殉教の象徴)の荊冠が描かれていたが、戦後は全面黒地を赤地に変え、水平社時代のデザインが左上に縮められた形で左肩に“希望”を表す白い星が挿入された。現在、機関紙『解放新聞』には「荊冠旗」と題するコラムが連載されている。 ちなみに、被差別部落に関する報道、同和批判に消極的なことを荊タブーと呼ぶことがある。 脚注 ==。

けいかん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

挂冠

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

けい冠

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。