「げいせい」とは?

言葉 詳細
芸西

概要 (Wikipediaから引用)

芸西村(げいせいむら)は、高知県の南東部にある村で、安芸郡に属する。1954年、和食村・馬ノ上村・西分村の合併により誕生し、翌1955年東川村久重山、道家、国光地区(残りは香美郡香我美町、夜須町に編入)を編入した。平成の大合併では、現在香南市を構成する香美郡南部の5町村とともに合併する構想があり、協議会が設置されていた。 地理 高知県東部に属し、南北に細長い。人口は海岸沿いの旧和食村に集中している。産業は農業が主である。山間部は林業が盛んであったが、過疎高齢化が著しく、白髪地区のように消滅した集落もある。 隣接している自治体 高知県 安芸市、香南市 1954年(昭和29年)7月20日 - 和食村・馬ノ上村・西分村が合併して発足。 1955年(昭和30年)4月1日 - 香美郡東川村の一部(大字久重山・道家・国光)を編入。 1956年(昭和31年)4月1日 - 和食・西分・馬ノ上の各小学校を統合し、芸西小学校が開校。 1963年(昭和38年) - 芸西小学校長谷寄分校を芸西小学校に統合。