「げいよう」とは?

言葉 詳細
芸陽

概要 (Wikipediaから引用)

芸陽バス(げいようバス、英語: Geiyo Bus Co., Ltd.)は、広島県中央部をエリアとする路線バス・貸切バスの会社で、広電グループの企業(広島電鉄の連結子会社)である。 運行エリアは広島市内東部、海田町、東広島市、竹原市、三原市と広域に及ぶ。 沿革 1931年1月3日 藝陽自動車、豊田自動車、河戸自動車を合併統合して、(新)藝陽自動車発足 1936年9月30日 小国自動車を買収 1939年10月1日 賀茂自動車を買収 1942年6月29日 芸備自動車を合併 1943年11月23日 戦時統合に基づき、広島県芸備地区の統合主体となり下記各社(個人事業含む)を統合 西備自動車運送、忠海運送、竹原交通社、中村才蔵、笹原憲三、藤原国太郎、平垣内佐六、景山一登、熊野胡子自動車運送、尾越一登 海田市 - 広島間は広島電鉄に譲渡 1964年3月28日 広島電鉄が資本参加 1965年2月15日 広島バスが資本参加 2003年4月1日 中国ジェイアールバスより安芸南線を譲受 2006年10月1日 西三次線(敷名 - 志和地 - 中央病院 - 三次)を備北交通に譲渡 2007年4月1日 三原市交通局より深線・幸崎線・田野浦線・小泉線を譲受(深線は中国バス・鞆鉄道との共同運行) 2008年1月26日 白市 - 広島空港線・エアポートリムジンにICカード乗車券『PASPY』導入 2008年4月1日 三原市交通局より頼兼線・本郷線・宮沖線(旧・市バス車庫線)を譲受(三原市交通局は2008年3月31日をもって事業廃止)。