「げか」とは?

言葉 詳細
外科

概要 (Wikipediaから引用)

外科学(げかがく、英: Surgery)は、手術によって創傷および疾患の治癒を目指す臨床医学の一分野である。外科学は外科的手法を用いる全ての分野を包括する基礎となる学問である。 対照的に内科学がある。 16世紀頃の欧米では、主に医学は内科学が主流とされ、理容師が外科的処置を行っていた。その時期の名残として理容店の赤・青・白の看板(サインポール)はそれぞれ動脈・静脈・包帯を意味すると言われている。東洋医学では14世紀には内科と外科の分化が確認されるが、あくまで患部箇所の違いに基づくもので、本格的な分化は南蛮医学の伝来に触発されて以後のことになる。 現在でも欧米各国では「physician(内科医)」が臨床医の名称とされ、「physician(内科医)」と「surgeon(外科医)」と、名称から区分されていることも少なくない。 19世紀以降麻酔法が確立され、また戦後人工心肺の開発などで急速に発展を遂げていった。 分野 もともと内科学が内分泌学や呼吸器学などのように臓器・機能別に専門化されていったのに対し、外科学は手技に基づく観点から頭部、胸部、腹部、四肢というように身体の部位別に専門化されていった。