「げき」とは?

言葉 詳細
ゲキ

概要 (Wikipediaから引用)

『ゲキ・ガンガー3』(ゲキ・ガンガースリー)は、テレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』に登場するロボットアニメの劇中劇。 同作品世界における21世紀後半(作品の時代設定の100年程度前)に制作されたロボットアニメ作品。「全39話が制作され、27話以降は『熱血ロボ ゲキ・ガンガー3』にタイトル変更されている」(現実に39話分が制作されたわけではない)。本来なら4クールの予定だった。その理由は放送時間変更による視聴率低下や、ゲキ・ガンガーVがゲキ・ガンガー3よりデザイン的に見劣りする、などの理由による。もし打ち切られなかった場合、4クールで超古代縄文人との因縁を描く予定だったという(それに関しては、「劇場版」でほぼ補完されている)。また、初回放送よりも再放送で人気が上がったとされている。 元は劇中劇であったが、1970年代ロボットアニメ風のレトロなキャラクターデザインや設定が評判となって、多くのファンが「作品化して欲しい」と要望し、1997年に『ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!!』としてOVA化された。

げき

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『演劇』より : 演劇(えんげき、英語:theatre、theater)とは、主として生身の俳優による演技を通し、何らかのストーリーやテーマなどを、同じ場にいる観客に対しリアルタイムに提示する表現活動を言う。 演劇の起源 よく言われる説には、呪術や宗教的儀式が発展し、演劇となっていたのではないかというものがある。確かに古代ギリシアにおいては、悲劇の競演が行われる大ディオニュシア祭は、神ディオニュソスを称える祭儀としての側面を持っていた。また呪術や宗教的儀式には、なんらかの行為・現象の模倣やその再現が重要な要素として含まれていることも多く、宗教が起源という説にはある程度の説得力がある。 一方で、人間が本能として、あるいは社会的営みとして行う遊びこそが演劇の起源とも言われている。例えばある者が他人や動物の物まねなどをする。それを見て楽しむ者が生まれた時点で、演劇が発生したとするものである。いずれにせよ、演劇が人類史の初期に生まれたであろうことは間違いない。 演劇の定義 生身の人間が舞台という場所に上がり、そこで観念的な存在である「役」の姿がどのようなものかを表現する。

概要 (Wikipediaから引用)

『檄! 阪神タイガース中継』(げき! はんしんタイガースちゅうけい)は、CS放送局・GAORAで2008年まで放送されたプロ野球中継のタイトル。題名の通り、阪神タイガース主催試合を放送していた。 以前はサンテレビボックス席(サンテレビジョン)製作の中継を同時中継していたが、現在は甲子園開催分についてはTigers-ai(甲子園球場の阪神戦の公式映像を製作する会社)の製作による中継を配信している。スカイ・Aで生中継の場合でも深夜に録画中継が行われる。Tigers-ai配給の映像は巨人戦と水曜・日曜以外はスカイ・Aと共通であるため、深夜に放送される場合は局を変えての実質再放送である。 巨人戦については毎日放送が中継を実施する場合にトップ&リレー中継(試合開始時からJNN全国中継開始までとJNN全国中継終了後から試合終了まで)とノーカット録画中継、地上波がNHK総合テレビでの中継の場合も深夜のノーカット録画中継となることがある。

概要 (Wikipediaから引用)

『水曜どうでしょうの企画』より : 水曜どうでしょうの企画では、北海道テレビ放送制作のバラエティ深夜番組『水曜どうでしょう』(1996年 - 2002年深夜放送。以後、年数回でスペシャル版放映)で放送された企画の中から、同番組を再構成・再編集した再放送版であり一部を除く全国テレビ局で放送されている『どうでしょうリターンズ』・『水曜どうでしょうClassic』の中で放送される企画、またDVD『水曜どうでしょうDVD全集』として発売される作品、いわゆる「鈴井・大泉の旅企画」について述べる。企画名については番組内で多数の呼び方がある企画があるが、本記事においては正式タイトルはDVD版のものとし、未DVD化企画については暫定的に放送時のタイトルを用いるものとする。 敢行企画 ここではオリジナル版『水曜どうでしょう』で放送された企画を順におって紹介する。 なお、ここで言う「オリジナル版」とはHTBで水曜日の深夜に放送されたもの(1999年12月「サイコロ6・ゴールデンスペシャル」を含む)を指す。