「げんせい」とは?

言葉 詳細
厳正

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

絃声

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

原生

概要 (Wikipediaから引用)

原生生物(げんせいせいぶつ, Protist)とは、生物の分類の一つ。真核生物のうち、菌界にも植物界にも動物界にも属さない生物の総称である。もともとは、真核で単細胞の生物、および、多細胞でも組織化の程度の低い生物をまとめるグループとして考えられたものである。いくつかの分類体系の中に認められているが、その場合も単系統とは考えておらず、現在では認めないことが多い。 単細胞のもののほかに、多細胞であっても、ごく小さくて微生物として扱われるものが多いが、褐藻類(褐藻植物門:コンブなど)、紅藻類(紅藻植物門:テングサ、アマノリなど)のような大型になるものもある。また、細胞性粘菌のように、単細胞で独立して食物を摂取する期間と、多細胞の子実体を形成する期間の双方を生活史のうちにもつ生物も属している。 原生生物界には以下の様な生物が含まれる。 褐藻類、紅藻類といったすべての真核藻類 鞭毛をもつ菌類的生物(卵菌類・いわゆるミズカビ類など) 粘菌、細胞性粘菌など変形菌門(旧)に所属していたもの アメーバ、ゾウリムシなどの原生動物原生生物は、水中や水を多く含む土壌中に生息している。

現制

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

現勢

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゲンセイ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

現世

概要 (Wikipediaから引用)

現世(げんせ、げんせい、うつしよ)とは、現在の世のこと。古くは「げんぜ」とも読む。 我々人間が現在暮らしていると思っている(認識している)世界、または、その認識。日本語では「顕世(けんせ)」とも読み書きし、「この世」とも言い換えられる。 仏教用語としての「現世」は「げんぜ」と(も)読む。自身が輪廻転生していくなかで今生きて属している(生を受けた)この世界のことを指す。彼岸に対する此岸。 現世に対置される世界としては、仏教では、前世、来世(それに加えて地獄が語られることも)。神道では常世・常夜(とこよ)、幽世・隠世(かくりよ)などがある。キリスト教では、天国、地獄(陰府)などがある。 神道 神道では「現世」と書いて古語としては「うつしよ」と読み、この世や人の生きる現実世界を意味する。それに対峙して、常世(とこよ)いわゆる天国や桃源郷や理想郷としての神の国があり、常夜(とこよ)と言われるいわゆる地獄としての死者の国や黄泉の国と捉えている世界観がある。