「こ」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『知能検査』より : 知能検査(ちのうけんさ)とは、知能を測定するための心理検査である。類似に発達検査、性格検査などがある。実施目的は知能指数#学力との相関 学習指導や知能指数#就学時健康診断 就学指導や知能指数#障害者認定 障害者認定や就職活動などがある。検査結果の表示の仕方のうち代表的なものが知能指数(IQ)(偏差知能指数(DIQ)含む)である。また知能指数#知能偏差値 知能偏差値(ISS)や知能指数#知能年齢 知能年齢(MA)で表す方法や、大まかに「優」「中」などの5~7段階に分けて知能指数#知能段階点 知能段階点で表す方法や、最下位から何パーセントの位置にあるかを知能指数#パーセンタイル パーセンタイル(知能百分段階点)で表す方法がある。

概要 (Wikipediaから引用)

湖(みずうみ、英語:lake)は、湖沼のうち比較的大きなものであり、一般には水深 5 - 10 m より深いものを指す。湖沼学や陸水学に基づく定義、水質、形成要因などについては湖沼を参照すること。 中国において「湖」とは陸地を広く覆う水域を表す言葉であり、特に中国最大の湖であった洞庭湖のことを指して用いられることもある。例えば洞庭湖の南北に位置する地域は湖南省あるいは湖北省と呼ばれている。 日本において古くは「水海」(みずうみ)あるいは「淡海」(あわうみ)と呼ばれており、淡水からなる水域を表していた。例えば神西湖の古名は「神門水海」(かんどのみずうみ)、浜名湖(古くは淡水湖であった)の古名は「遠つ淡海」(とおつあわうみ)である。 ただ、淡水と海水が混じっている汽水湖があることや、十分に大きな湖だと海のように見えることもあり、湖と海の概念の区分は必ずしも明確ではない。ドイツ語 See には「湖」「海」の両方の意味があり、仏 mer・西 mar・伊 mare・独 Meer は「海」を意味するのに、同語源の蘭 meer が「湖」の意味でもある。

概要 (Wikipediaから引用)

粉(こな、英語:powder)とは、固体物質が非常に細かく砕けたものである。特に穀物等を砕き微細な粒状に加工した食品の意味でよく用いられる。 他にも、砂糖、鰹節、粉末スープなどの調味料の粉、骨粉、さなぎ粉など肥料、飼料の粉、カーボンブラック、二酸化チタンなどの顔料の粉、染料の粉、医薬品の粉、金属の粉など、多くの物質が粉となりうる。これらについては粉末(ふんまつ)と呼ばれることが多い。 粉と、粒径が比較的大きい粒との境は曖昧であるが、一般的感覚で粉と感じられるのは、およそ直径0.1mm未満のものが多い。 食品の粉 穀物を粉にした穀粉は、食用の粉として代表的なものである。通常、調理して、粉食として食べる。 そのほか、調味料の粉などがある。 粉の製法 塊状や粒状の物質を、機械的に破砕する。 溶液から析出させる。 溶液中の化学反応で不溶性の化合物を生成し沈殿させる。 関連項目 粉粒体 粉塵 粉体工学 製粉 地粉 顆粒 外部リンク 石臼 & 粉体工学de:Pulvereo:Polvo ru:Порох (значения)。

概要 (Wikipediaから引用)

『樺太』より : 樺太(からふと)、樺太島(からふととう、ロシア語: Сахалин)、サハリン、サハリン島は、ユーラシア大陸の東方 、オホーツク海の南西部にあるロシア連邦サハリン州の島。広義の日本列島に含む場合もある。南北約948km、東西の幅最大約160kmで南北に細長い。面積76,400平方kmは世界第22位で21位の北海道(78,073平方km)より若干小さい。人口約50万人。最大都市はサハリン州の州都でもあるユジノサハリンスク(人口約18万人)。 樺太は、日露戦争後のポーツマス条約により北緯50度線を境界に南北に分割され、それぞれ異なる沿革を経たため、ここでは北緯50度以北を「北樺太」(または「北サハリン」)、以南を「南樺太」と表記する。 現在、サハリンプロジェクトが進められている。 1945年までは北緯50度線を境にして、南半分(南樺太、南サハリン)を「樺太(カラフト)」として大日本帝国が、北半分(北樺太、北サハリン)を「サハリン(ロシア語: Сахалин)」としてソビエト連邦が領有していた。

概要 (Wikipediaから引用)

戸籍(こせき)とは、戸と呼ばれる家族集団単位で国民を登録する目的で作成される公文書である。 かつては東アジアの広い地域で存在していた。21世紀の現在では中華人民共和国(事実上形骸化している)と日本のみに現存する制度である。 古代以来の中国の華北社会では戸(こ)と呼ばれる形態の緊密な小家族が成立し、これが社会構造の最小単位として機能していた。そのため政権が社会を把握するためには個々の戸の把握が効果的であり、支配下の民の把握を個人単位、あるいは族的広域共同体単位ではなく、戸単位で行った。この戸単位の住民把握のために作成された文書が戸籍である。中華王朝や漢民族世界が華北から拡大しても、政権の民衆把握は戸籍を基礎として行われ、日本、朝鮮半島国家など周辺地域の国家でも戸籍の制度は踏襲された。 日本では律令制を制定して戸籍制度(→古代の戸籍制度)を導入した当時、在地社会の構造は華北のように戸に相当する緊密な小家族集団を基礎としたものではなかった。

概要 (Wikipediaから引用)

小(こ、しょう) 形、数量、様相、功績などが、標準や同種の平均的な物に満たない物。対義語は大。 形や数量 形や数量などが、外の同種の標準的な物に満たない物。接頭辞として用いられる。 用例:「小人(こびと)」「小犬座」 千円紙幣を意味する俗語。(五千円が"中"、一万円が"大") 小学校の略。接尾辞として用いる。 小の月。→月 (暦)、月の大小 小便。→尿 歴史的に同姓同名で血縁関係を有する人物を区別する際に、年少者や二世を「小○○ (minor ○○)」と呼称する。例として、チャタム伯ウィリアム・ピットの息子であるウィリアム・ピットは「小ピット」と呼ばれている。 親族では、自分と同世代に位置する人物を「小」を付けて示す。例えば、配偶者の姉妹を「小姑」という。→続柄 功績の小さい人物や、ありふれた人物を「小 (mediocre)」と表現する。謙称としても使用される。用例:「小人物」「小器」「小官」「小人(しょうじん)」 その他 漢字の部首の一つ。

概要 (Wikipediaから引用)

『識別信号』より : 識別信号(しきべつしんごう)とは、無線局を識別するための、重複しない一意の文字列である。このうち呼出符号(コールサイン、callsign)は符号(文字、数字)の羅列であり、一般的には意味を持つ語とはならないが、アメリカ合衆国などいくつかの国では、放送局の名前としても採用され、運営者の希望に基づく文字列が指定されることもある。 日本では、電波法第8条第1項に総務省令に定めるものとされ、これを受けた電波法施行規則第6条の5に次のものを規定している。 呼出符号(標識符号を含む) 呼出名称 無線通信規則第19条に規定する海上移動業務識別、船舶局選択呼出番号及び海岸局識別番号指定方法は、総務省訓令「電波法関係審査基準」の「別表3 識別信号の指定基準」による。 なお、「地方委任局」である無線局は所轄の総合通信局(沖縄総合通信事務所を含む。)から指定される。 呼出符号の国際的な割当て 無線通信規則により、国際公衆通信を行う無線局やアマチュア局など一定の無線局は、呼出符号を持たなければ(指定されなければ)ならない。

概要 (Wikipediaから引用)

『続柄』より : 娘(むすめ)とは、女性の子供、即ち本人の1親等直系卑属のうち女性である者である。対義語は息子または母。 実子または養子(養女)の場合がある。また配偶者の連れ子の女性も一般に娘と呼ぶ。 息子の妻(嫁)を義理の娘ともいう。 語源 産す女(むすめ)=産んだ女子 → 娘(むすめ) その他の用法 派生語女性の孫(子供の娘)を孫娘という。対義語は孫息子(子供の息子)または祖母(親の母)。 その外の用法 一般に若い女性(少女または若い成人女性)を「娘」と呼ぶこともある(しかし逆に一般男性を「息子」という用法はない)。 ある物から別の似た物が生まれた場合、生まれた物を「子~」と呼ぶ場合もあるが、特に「娘~」と呼ぶ例が多い(元来は英語などからの訳語)。対して、生んだ物を「親~」と呼ぶのに対して、「母~」と呼ぶ事も多い。例えば「娘細胞」「娘核種」「娘言語」など。 関連用語 息子(男性の子供) 母(女性の親) 姪(兄弟姉妹の娘)。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『孤独の賭け〜愛しき人よ〜』(こどくのかけ いとしきひとよ)は、五味川純平の長編小説『孤独の賭け』をドラマ化したTBSテレビ TBS系列のテレビドラマ。2007年4月12日から6月21日まで、毎週木曜日22:00〜22:54(日本標準時 JST、初回は〜23:09)に放送された。全11回。ハイビジョン制作。字幕データ放送。平均視聴率 7.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区) キャッチコピーは『俺たちは、金と欲でつながっている。』。 1978年のテレビドラマ放送以来、約30年ぶり、4度目の映像化となる。原作は1960年初頭(東京オリンピック前夜)、急速に発展を遂げていく東京を舞台に、水商売から立身出世を遂げた事業家と買収間近の洋裁店で働く縫い子が、互いの野望と復讐の為に「賭け」に乗り出す話であったが、今回のドラマ化で、時代設定はドラマが放映される2007年現在に変更された。ただし、物語のラストは1年後、つまり未来の話(2008年)になっている。

概要 (Wikipediaから引用)

『カイコ』より : カイコ(蚕、蠶)はチョウ目(鱗翅目)・カイコガ科に属する昆虫の一種。正式和名はカイコガで、カイコは本来この幼虫の名称だが、一般的にはこの種全般をも指す。クワ(桑)を食餌とし、絹を産生して蛹(さなぎ)の繭(まゆ)を作る。有史以来養蚕の歴史と共に各国の文化と共に生きてきた昆虫。 学名(ラテン語名)は「Bombyx mori(仮名転写の一例:ボムビークス・モリー)」。 家畜化された昆虫 カイコは家蚕(かさん)とも呼ばれ、家畜化された昆虫で、野生には生息しない。またカイコは、野生回帰能力を完全に失った唯一の家畜化動物として知られ、餌がなくなっても逃げ出さず、体色が目立つ白色であるなど、人間による管理なしでは生育することができない。カイコを野外の桑にとまらせても、ほぼ一昼夜のうちに捕食されるか、地面に落ち、全滅してしまう。幼虫は腹脚の把握力が弱いため樹木に自力で付着し続けることができず、風が吹いたりすると容易に落下してしまう。成虫も翅はあるが、体が大きいことや飛翔に必要な筋肉が退化していることなどにより、羽ばたくことはできるがほぼ飛ぶことはできない。

概要 (Wikipediaから引用)

『連結空間』より : 位相幾何学や関連する数学の分野において、連結空間(れんけつくうかん、英: connected space)とは、2つ以上の互いに素な空でない開部分集合の和集合として表すことのできない位相空間のことである。空間の連結性は主要な位相的性質の1つであり、位相空間の区別をつけることに利用できる。より強い意味での連結性として、弧状連結 (path-connected) という概念があり、これは任意の2点が道によって結べることをいう。 位相空間 X の部分集合が連結であるとは、X の相対位相によってそれ自身を位相空間と見たときに連結であることをいう。 連結でない空間の例は、平面から直線を取り除いたものがある。非連結空間(すなわち連結でない空間)の他の例には、平面からアニュラスを取り除いたものや、2つの交わりを持たない閉円板の和集合がある。ただし、これら3つの例はいずれも、2次元ユークリッド空間から誘導される相対位相を考えている。 定義 位相空間 X が非連結(ひれんけつ、disconnected)あるいは不連結であるとは、2つの交わりを持たない空でない開集合の和集合(非交和)でないことをいう。

来る

概要 (Wikipediaから引用)

『来るべき世界』(きたるべきせかい)は手塚治虫のSF漫画。1951年、大阪の不二書房より上下2巻の作品として刊行された、単行本書き下ろし作品(このときの版では上巻には「前編」、下巻には「宇宙大暗黒編」という副題があった)。『ロストワールド (漫画) ロストワールド』『メトロポリス (漫画) メトロポリス』と並んで、手塚治虫の「初期SF3部作」と呼ばれる作品の一つである。当時の東西冷戦を背景に、人類の存亡をめぐる大河ドラマを展開する長編作品であった。「3部作」の他の2作と比較した場合、本作は分量の点では最長であり、多くの立場の異なるキャラクターを同時並行で描く群衆劇と呼べる作品となっている点が大きな特徴である。また、人類を越える「超人類」と呼べる登場人物により人類を相対化するという手法は、その後『0マン』など複数の手塚作品でも用いられることになる。

樵る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

梱る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

凝る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

く、クは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第3段(か行う段)に位置する。清音の他、濁音(ぐ、グ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「く」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。 濁音 「ぐ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「く゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 五十音順: 第8位。 いろは順: 第28位。「お」の次。「や」の前。 平仮名「く」の字形: 「久」の草体 片仮名「ク」の字形: 「久」の部分 (最初の2画。『広辞苑』第六版より) ローマ字 く: ku ぐ: gu 点字: 40px 通話表: 「クラブのク」 モールス信号: ・・・- 手旗信号:1150px 発音:Japanese ku.ogg く く に関わる諸事項 合拗音の/kwa/, /gwa/は、「く」、「ぐ」に「わ」を後続させて表記する。

こる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くる

概要 (Wikipediaから引用)

Name くるり Landscape Background band Genre ポップス(音楽) ポップスオルタナティブ・ロック オルタナティブ Years_active 1996年- Label SPEEDSTAR RECORDS Production Bad News Records Associated_acts Current_members 岸田繁 Vo. G.佐藤征史 Ba. Past_members 森信行 Dr.(1996年 - 2002年)クリストファー・マグワイア Dr.(2003年 - 2004年)大村達身 G.(2001年 - 2007年)くるり (QURULI) は、日本・京都府京都市出身のロック (音楽) ロックバンド (音楽) バンド。ボーカル・ギター担当の岸田繁、ベース (弦楽器) ベース担当の佐藤征史の2人から構成されている。現在まで8枚のスタジオアルバムと22枚のシングルなどをリリースし、約80万枚のセールスを記録している。公式ファンクラブ名は「純情息子」である。

概要 (Wikipediaから引用)

『敬遠』より : 故意四球(こいしきゅう、intentional base on balls, intentional walk)とは、野球において投手が打者に対して、意図的に四球を与える行為につく記録である。 故意四球は公認野球規則で定義されている用語であるが、日本では敬遠(けいえん)という俗称が一般に広く用いられている。 通常、守備側は打者をアウトに討ち取ることを目的とする。しかし、打者の個人能力や試合の局面を勘案し、四球を与えて打席を終わらせてしまう方が、最終的な勝利のために適切であると判断される場合には、意図的に四球を与えることがある。 故意四球が通常の四球と区別されて公式記録となるには後述の要件を備えていなくてはならないが、それら要件のすべてを満たさない場合でも、見た者に守備側の四球にしようとする意図が感じられるときには「敬遠」あるいは「敬遠気味」などと表現される。

概要 (Wikipediaから引用)

『古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー』(こだいおうじゃ きょうりゅうキング ディーキッズ・アドベンチャー)は、セガのアーケードゲーム機『古代王者恐竜キング』を元にしたテレビアニメ作品。2007年2月4日から2008年1月27日まで名古屋テレビ放送 メ〜テレ制作によりテレビ朝日系列局(日本テレビ放送網 日本テレビ系列とのクロスネット局の福井放送は放送日時差し替え。詳細は後述)で全49話が放送された。本項目では、2008年2月3日から8月31日まで同系列局にて全30話が放送された新シリーズ『古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー 翼竜伝説』(こだいおうじゃ きょうりゅうキング ディーキッズ・アドベンチャー よくりゅうでんせつ)についても扱う。

こい

概要 (Wikipediaから引用)

『醤油』より : 醤油(しょうゆ)は、主に日本料理で使われる、大豆と小麦を原料とし、麹菌で醗酵させることで、タンパク質をアミノ酸や核酸に変えた、塩味とうま味の強い調味料である。正油とも書く。別名したじもしくはむらさきともいう。西洋の味覚の原点が脂肪酸を主体に築かれている事と対照になる、東洋の味覚文化がアミノ酸を主体とする「醤」である。液体で、色は熟成の期間や温度経過によって無色に近い薄茶色から、黒に近い暗赤褐色まで自在に製造可能である。塩分を多く含んでいるので常温でも長期保存可能である。ただし開封後は冷蔵保存が望ましい。なぜなら常温では醤油液面に酵母が白く膜状に繁殖し、香味を劣化させるためである。

濃い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

鼓(つづみ)は日本特有の伝統的な楽器のひとつで、もっとも狭義には小鼓を指す。砂時計型、またはドラム缶型の胴の両面に革を張ってこれを緒で強く張る。緒は、能楽の世界では調緒(しらべお)または「調べ」という。この緒を締めたり緩めたりすることで音色を調節しながら、一方もしくは両方の革を手または桴で打って演奏する。その形態によって小鼓、大鼓、太鼓、羯鼓などがある。発音については、古代インドの打楽器 dudubhi または dundubhi から出たという説と、中国の都曇鼓(つどんこ)の音から出たという説がある。 起源 鼓はインドで発生し、その後、中国で腰鼓(ようこ)、一鼓(壱鼓)(いつこ)、二鼓、三鼓(三ノ鼓)(さんのつづみ)、四鼓、杖鼓(じようこ)等と多数の種類が発生した。これらは総じて細腰鼓(さいようこ)と呼ばれる。腰鼓は腰に下げる細腰鼓で、日本には7世紀初めに伝わり、呉鼓(くれのつづみ)として伎楽に用いられた。一鼓、二鼓、三鼓、四鼓は奈良時代の日本に、唐楽(とうがく)用として伝わった。後に腰鼓、二鼓、四鼓は絶えたが、壱鼓は舞楽に残り、三ノ鼓は高麗楽(こまがく)で使われている。