「こい」とは?

言葉 詳細
胡夷

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『恋愛』より : 本記事では恋愛(れんあい 仏:Amour アムール、英:Love ラブ)について解説する。恋とも。 フォーリンラブ(Falling in love)の訳語としても「恋愛」は用いられている。 辞書での定義 それぞれの国語辞典で恋愛という単語は、以下のように定義されている。 『広辞苑』第6版では「男女が互いに相手をこいしたうこと。また、その感情。こい」と簡潔に記し、さらに「恋い慕う」は「恋しく思って追い従おうとする。恋慕する」と記す。その「恋しい」は「1 離れている人がどうしようもなく慕わしくて、せつないほどに心ひかれるさま」「2 (場所・事物などが)慕わしい。なつかしい」と歴史的用法を踏まえて説明する。 『三省堂国語辞典』第7版の「恋愛」は「(おたがいに)恋(コイ)をして、愛を感じるようになること」と記す。そのうち「恋」は「人を好きになって、会いたい、いつまでも そばにいたいと思う、満たされない気持ち(を持つこと)」、「愛」は「1 〈相手/ものごと〉をたいせつに思い、つくそうとする気持ち」「2 恋(コイ)を感じた相手を、たいせつに思う気持ち」と説明する。

小井

概要 (Wikipediaから引用)

小井川駅(こいかわえき)は、山梨県中央市上三條にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線の駅である。 駅構造 単式ホーム1面1線を有する地上駅である。線路は南から北に走る。ホームは線路の東側にある。 南甲府駅管理の無人駅で駅舎はなく、建築物としてはホームの上の待合所とトイレのみである。自動券売機は設置されていないので当駅で切符を購入することはできない。 ホームから外へは常永方の端から数段の階段が降りている。 駅周辺 駅東側には市営駐輪場のほか、山梨県道路公社がパークアンドライドを推進するための駐車場が開設されている。 駅周辺にも住宅は進出しているが、玉穂地域市街の中央にある中央市役所玉穂庁舎は当駅の東1キロメートルほどのところにある。その間の周辺には、山梨大学医学部キャンパスと山梨大学医学部附属病院があり、当駅はその最寄り駅ともなっている。また、附属病院に隣接する形でイオンタウン山梨中央と玉穂下河東簡易郵便局もあるが、いずれも当駅からは徒歩20分程掛かるため、タクシーかコミュニティーバスを利用するのが便利である。

己斐

概要 (Wikipediaから引用)

己斐(こい): 広島市西区 (広島市) 西区の地名 己斐地区 (広島市西区) 己斐地区 己斐町 - 広島県佐伯郡己斐町:上記「己斐地区」を町域としていた廃止自治体 己斐駅 西日本旅客鉄道 JR山陽本線 西広島駅の旧称 広島電鉄広島電鉄本線 本線・広島電鉄宮島線 宮島線 広電西広島駅の旧称

古井

概要 (Wikipediaから引用)

古井 喜実(ふるい よしみ、1903年1月4日 - 1995年2月3日)は、日本の内務官僚、政治家。本名は古井 喜實(読み方は同じ)。日中友好議員連盟会長を務めた。 来歴・人物 生い立ち 鳥取県八頭郡国中村(現・八頭町)に、古井實壽の二男として生まれる。生家は祖父古井久次郎の代からすでに田五町歩、山林三町歩をもつ小地主だった。父實壽は古井が生まれたころ、郡役所の書記だったが後に国中村の村長を務めた。 旧制鳥取中学校(現・鳥取県立鳥取西高等学校)、第三高等学校を経て、1922年東京帝国大学法学部英法科に入学する。なお中学時代の同期生に政治学者の矢部貞治がいる。1925年内務省に入省する。 埼玉県、東京府等での勤務を経て本省に戻り、1937年に地方局地方監査課長となる。ここからの昇進のスピードは異例というほど速かった。地方局行政課長、大臣官房文書課長、そして大臣官房人事課長と兼任で1941年から約1年半東條英機も含む4人の大臣の秘書官を務めた後、1942年地方局長、1943年茨城県知事(この頃、当時関東国税局長の池田勇人、側近の大平正芳と知り合う)、1944年本省警保局長、1945年6月愛知県知事を経て、1945年8月半ばに東久邇宮稔彦王内閣内務大臣山崎巌の要請を受け、内務次官に就任する。

乞い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

故意

概要 (Wikipediaから引用)

故意(こい)とは、一般的にはある行為が意図的なものであることを指す。 刑法においては、「罪を犯す意思」(b:刑法第38条1項)をいう。その具体的意味や体系的位置づけについては争いがある。民法や保険法においても用いられるが、民法上は結果の発生を認識しながらそれを容認して行為するという心理状態などと言われるが、その意義を論じる意味はないとされる。保険法においては、未必の故意を含むかどうかについて争いがある。 刑法における故意 刑法における故意の意義については、認識的要素 ( Wissenselement ) 以外に意思的要素 ( Wollenselement ) を含むかどうかについて、意思説と表象説の対立があり、さらに折衷的な動機説も唱えられている。通説とされるのは、認識・予見(両者をあわせて「表象」ともいう。以下、単に「認識」という。)に加えて少なくとも消極的認容という意思的要素を要求する認容説であり、下級審裁判例でもしばしば認容説が採られている。 また、認識的要素についても、どの範囲の事実を認識することを要するかについては争いがある。

コイ

概要 (Wikipediaから引用)

コイ(鯉、学名:Cyprinus carpio)は、コイ目・コイ科に分類される魚で、比較的流れが緩やかな川や池、沼、湖、用水路などにも広く生息する淡水魚である。ニゴイとは近縁ではない。 生態 コイは外見がフナに似るが、頭や目が体に対して小さく、口もとに2対の口ひげがある。体長は 60センチ程度だがまれに1メートルを超すものもいる。飼育されたり養殖されてきた系統の個体は体高が高く、動きも遅いが、野生の個体は体高が低く細身な体つきで、動きもわりあい速い。なお雌に比べて雄の方が頭が大きい。 食性は雑食性で、水草、貝類、ミミズ、昆虫類、甲殻類、カエル、他の魚の卵や小魚など、口に入るものならたいていなんでも食べる。口に歯はないが、のどに咽頭歯という歯があり、これで硬い貝殻なども砕き割ってのみこむ。さらに口は開くと下を向き、湖底の餌をついばんで食べやすくなっている。なお、コイには胃がない。コイ科の特徴として、ウェーベル氏器官を持ち、音に敏感である。 産卵期は春から初夏にかけてで、この時期になると大きなコイが浅瀬に集まり、バシャバシャと水音を立てながら水草に産卵・放精をおこなう。

概要 (Wikipediaから引用)

『コイ』より : コイ(鯉、学名:Cyprinus carpio)は、コイ目・コイ科に分類される魚で、比較的流れが緩やかな川や池、沼、湖、用水路などにも広く生息する淡水魚である。ニゴイとは近縁ではない。 生態 コイは外見がフナに似るが、頭や目が体に対して小さく、口もとに2対の口ひげがある。体長は 60センチ程度だがまれに1メートルを超すものもいる。飼育されたり養殖されてきた系統の個体は体高が高く、動きも遅いが、野生の個体は体高が低く細身な体つきで、動きもわりあい速い。なお雌に比べて雄の方が頭が大きい。 食性は雑食性で、水草、貝類、ミミズ、昆虫類、甲殻類、カエル、他の魚の卵や小魚など、口に入るものならたいていなんでも食べる。口に歯はないが、のどに咽頭歯という歯があり、これで硬い貝殻なども砕き割ってのみこむ。さらに口は開くと下を向き、湖底の餌をついばんで食べやすくなっている。なお、コイには胃がない。コイ科の特徴として、ウェーベル氏器官を持ち、音に敏感である。 産卵期は春から初夏にかけてで、この時期になると大きなコイが浅瀬に集まり、バシャバシャと水音を立てながら水草に産卵・放精をおこなう。

請い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

乞う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

こう

概要 (Wikipediaから引用)

当稿では「汽車のえほん」で局長やトーマス達以外のレギュラー鉄道として登場した「スカーローイ鉄道( -てつどう)」と、その映像化作品「きかんしゃトーマス」に登場するこうざんてつどう(高山鉄道)について(作品全体の制作よびエピソードリストを除く殆ど)全ての情報を扱う。当稿は本来、モデルとなった「タリスリン鉄道」(:en:Talyllyn_Railway)から紹介すべき内容なので、簡単に記しておく。タリスリン鉄道はイギリスのウェールズはタウインに実在する鉄道である。線路も車両も通常の鉄道より小さく、軌間が686mm(2フィート3インチ)しか無いため、このサイズの鉄道は軽便鉄道またはナローゲージと呼ばれる(原作10巻の日本語版では「線路の幅が1067mm以内のもの」と説明されているが、これは日本では旧国鉄在来線の1067mmより狭い場合のみを「ナローゲージ」と呼ぶ場合が多いためである。イギリスをはじめ、国際的な基準では1435mmに満たなければすべて""narrow gauge""(狭軌)であるため、1067~1434mmでもナローゲージとなる)。

恋う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

請う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

来る

概要 (Wikipediaから引用)

『来るべき世界』(きたるべきせかい)は手塚治虫のSF漫画。1951年、大阪の不二書房より上下2巻の作品として刊行された、単行本書き下ろし作品(このときの版では上巻には「前編」、下巻には「宇宙大暗黒編」という副題があった)。『ロストワールド (漫画) ロストワールド』『メトロポリス (漫画) メトロポリス』と並んで、手塚治虫の「初期SF3部作」と呼ばれる作品の一つである。当時の東西冷戦を背景に、人類の存亡をめぐる大河ドラマを展開する長編作品であった。「3部作」の他の2作と比較した場合、本作は分量の点では最長であり、多くの立場の異なるキャラクターを同時並行で描く群衆劇と呼べる作品となっている点が大きな特徴である。また、人類を越える「超人類」と呼べる登場人物により人類を相対化するという手法は、その後『0マン』など複数の手塚作品でも用いられることになる。

扱ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

放く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

こく

概要 (Wikipediaから引用)

『神戸国際会館』より : 神戸国際会館(こうべこくさいかいかん、英語名称:Kobe International House)は、兵庫県神戸市中央区の三宮にある大型複合施設の名称である。第三セクターの株式会社神戸国際会館が運営を行っている。 1956年、進駐軍イーストキャンプ跡の遊休地に、当時最新鋭の設備をそなえたコンサートホールとして開館。神戸国際会館大ホール、映画館(国際松竹・国際にっかつ)のほか、神戸国際ホテルという名で宿泊事業も行っていた。宿泊事業は後年に廃止されている。 1995年に発生した阪神・淡路大震災で、全壊したために建て替えられ、1999年に現在の建物でオープンした。商業ゾーン(B2F - 12F)と高さ116mのオフィス棟(13F - 22F)で構成される。建物の頂点には塔屋があり、震災犠牲者の鎮魂を祈る灯りのモニュメントとなっている。 商業ゾーンには、収容人数2112名のコンサートホール「こくさいホール」とシネマコンプレックス「神戸国際松竹」、ショッピングセンター「SOL」などが入居している。

こぐ

概要 (Wikipediaから引用)

『ポラリス (恒星)』より : ポラリス (Polaris) は、こぐま座α星、こぐま座で最も明るい恒星で2等星。現在の北極星である。 バイエル名はα星だが、フラムスティード名でも、こぐま座1番星、「プトレマイオスの星表」でも「ティコの星表」でも、それぞれこぐま座の最初に掲げられていた。 ポラリスは、北極距離が2000年分点で約44分と天の北極に非常に近い位置にあり、最も天の北極に近付く2102年の前後数世紀間は北極星となっている。 ポラリスは三重連星で、黄色輝巨星(または超巨星)でケフェイド変光星でもあるポラリスAと、薄黄色の主系列星であるポラリスBとが約2700天文単位離れて回り合う実視連星となっている。ポラリスBは中口径の望遠鏡でも見ることができ、1780年にウィリアム・ハーシェルによって発見された。 1929年に分光観測によって、ポラリスAにもう1つ非常に距離の近い伴星(ポラリスP、ポラリスa、ポラリスAbなどと呼ばれる)が存在することが明らかになった。

漕ぐ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

くる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

扱く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

こい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

濃い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。