「こいぬ」とは?

言葉 詳細
仔犬

概要 (Wikipediaから引用)

『仔犬のワルツ』(こいぬのワルツ)は、日本テレビ放送網系列で、同局50周年記念番組として2004年4月17日から6月26日まで、毎週土曜21:00 - 21:54(「Surprise Saturday」枠、初回のみ22:24までの30分拡大。)に放送されたテレビドラマである。平均視聴率は8.4%。 主人公が視覚障害者役であるため、副音声では視覚障害者のために場面解説を放送している。解説担当者は石丸博也。 あらすじ 桜木葉音は、湖畔のホテルでマッサージ師として働く盲目の少女。同僚から虐められる彼女の心の支えは、ペットショップの仔犬と話す事と夜に卒園した養護施設に忍び込んでピアノを弾く事だった。 その一方、水無月家の後継者になるべく、ピアノの才能を持つ人物を探す水無月芯也は、養護施設でピアノを引く謎の人物を探していた。その人物が葉音だと知ると、彼は彼女が「パーフェクトピッチ」という、一度聞いた曲を完璧に弾ける才能がある事を知る。そして、葉音は水無月家の相続争いに巻き込まれる事になる。 キャスト 桜木葉音(さくらぎ はおと) - 安倍なつみ 本作の主人公。

小犬

概要 (Wikipediaから引用)

『こいぬ座』より : こいぬ座(小犬座、Canis Minor)は、トレミーの48星座の1つ。 α星は、全天21の1等星の1つであり、プロキオンと呼ばれる。プロキオンと、おおいぬ座のα星シリウス、オリオン座のα星ベテルギウスの3つの1等星で、冬の大三角を形成する。 α星プロキオン、β星以外には目立つ恒星のない小さな星座である。しかし、プロキオンは大変に明るい星なので、この星座は大きさのわりには大変に有名である。 主な天体 恒星 α星:プロキオン(Procyon)は、こいぬ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ(視等級0.34等)。プロキオンの意味はギリシャ語で「犬の前に」である。これは、おおいぬ座のシリウスが昇る直前に昇ることに由来する。 β星:ゴメイサ(Gomeisa)は、視等級2.89等。 星団・星雲・銀河 面積が狭く、10等より明るい星雲・星団はこの星座にはない。 由来と歴史 おおいぬ座の直前に上ってくるため、プロキオン(ギリシャ語で「犬の前」の意味)はその名で呼ばれたが、星座であるとは認識されなかった。

子犬

概要 (Wikipediaから引用)

ワルツ第6番『小犬のワルツ』(こいぬのワルツ、仏:Valse du Petit Chien)変ニ長調作品64-1は、フレデリック・ショパンが作曲したピアノ独奏のためワルツで、晩年の1846年から1848年にかけての作品である。デルフィーヌ・ポトツカ伯爵夫人にささげられた。 作品64は3曲からなっており、第2曲の有名な嬰ハ短調ワルツ、最後の転調色彩感あふれる変イ長調ワルツと対照を成している。第1曲に第一義明朗な作品、以降の曲に陰鬱深刻なそれを組み合わせるのは作者の常であり、『華麗なる円舞曲』や『軍隊ポロネーズ』も同様の手法で公表されている。 作曲の経緯 子犬が自分の尻尾を追い掛け回している情景にヒントを得て作曲したものだといわれている。この曲は英語では「1分間ワルツ」(Minute Waltz)という愛称でも親しまれている。 なお、中盤の高く短い音は子犬がつけた鈴の音といわれている。 曲の構成 複合三部形式による。第1部のリズミカルで美しいスケールとトリオの甘いメロディが特徴的である。 変ニ長調の右手のモノローグの後に左手のワルツリズムが規則的に現れる。