「こくほ」とは?

言葉 詳細
国保

概要 (Wikipediaから引用)

『国民健康保険制度』より : 日本における国民健康保険(こくみんけんこうほけん、英: National Health Insurance)は、日本の国民健康保険法に基づき、被保険者の疾病、負傷、出産又は死亡に関して、必要な保険給付を行い、社会保障及び国民保険の向上に寄与することを目的とする法定強制型の医療保険である。主に市町村が運営し、被用者保険などとともに、日本におけるユニバーサルヘルスケア制度の中核をなすものである。 医療保険事務上の略称は国保(こくほ)と呼ばれ、社保(しゃほ)と呼ばれる被用者健康保険と区別される。日本の人口のうち27.5%が市町村国保への加入者、2.5%が国保組合の加入者である(2011年)。 国民健康保険法について、以下では条数のみ記す。 日本において最初の公的医療保険は、1922年に施行された健康保険法であり、これは企業雇用者の職域保険であった。 地域保険については、埼玉県越ヶ谷町(現・越谷市)の一般住民を対象とした日本初の地域健康保険制度「越ヶ谷順正会」が1935年に発足し、その3年後の1938年に国家レベルでの国民健康保険法(旧法)が創設された。

国歩

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。