「ご」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

語(ご、英語: word)とは、言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる。語が集まることで句、節、文が作られる。 文法的な役割を持つ語を機能語、一般的な意味を持つ語を内容語という。一つの形態素からなる語を単純語、複数の形態素からなる語を合成語という。 語の厳密な定義は各言語によるが、一般に以下の性質がある。 発音上、まとまっている(接語を除く)。 意味を変えずに分割できない(接中辞、分離接辞を含む語を除く)。 単独で質問の答になり得る(機能語を除く)。語は複数の語形を持つことがある。これは屈折語に顕著である。例えばドイツ語の動詞 lieben は、現在形に liebe, liebst, liebt, lieben の 4 種類がある。 また多総合語では、多くの接辞がつながって、一つの語が文に当たる内容を持てる。たとえばユピク語の angyaghllangyugtuq は「彼は大きな船を手に入れたい」という意味の語である。 日本語文法では自立語・付属語という名前の「語」があるが、これらは言語学的には語よりも細かい形態素であり、語に相当するのはむしろ文節のほうが近い。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

呉(ご、くれ) 国名 呉(ご)は、中国の王朝名。 周代の子爵の国であり、太伯が立てた句呉 春秋時代に大国となった呉( ? - 紀元前473年)は、呉 (春秋)を参照。 秦以後、郡県制により揚州に設置された郡または県。蘇州を参照。 三国時代の呉(222年 - 280年)は、呉 (三国)を参照。 隋末の群雄李子通の政権(619年 - 621年)。 五代十国時代の呉(902年 - 937年)は、呉 (十国)を参照。 五代十国時代の呉越(907年 - 978年)は呉越を参照。 元末の群雄張士誠の政権(前称は周。1363年 - 1367年)。 おなじく元末の群雄朱元璋の政権(後に明と改称)。 姓 呉 (姓)(ご)- 漢姓のひとつ。中華圏、朝鮮、ベトナムで使われる。 地名 中国において、地名としての呉は、江蘇省一帯、とくに蘇州の古称。 呉州 呉郡 呉県 呉市(くれ) - 広島県の都市。 呉駅 - 呉市にある西日本旅客鉄道の呉線の駅。 呉港 - 呉市にある港湾。 呉基地 - 呉市にある海上自衛隊の基地。

概要 (Wikipediaから引用)

『5』より : 5(五、ご、う、いつ)は、自然数、また整数において、4 の次で 6 の前の数である。英語の序数詞では、5th、fifthとなる。ラテン語ではquinque(クゥィンクゥェ)。 性質 3番目の素数である。1つ前は 3、次は 7。また5の倍数中唯一の素数。 5 = 22 + 1 なのでフェルマー素数(2番目)でもある。また n! − 1 の形 (3! − 1) にもなっている。 約数の和は6。約数の和が倍積完全数になる最小の数である。次は12。 1/5 = 0.2。自然数の逆数が小数点以下1桁の有限小数になるのは他に 1/2 = 0.5, 1/10 = 0.1 のみ。 5 は 10 の約数となるため、他の多くの数と異なり、十進数の演算を行う限り 5 を分母とする除算の商が循環小数になることはない。 十進数とは対照的に、十二進数の演算では、十二 (10) は 5 で割り切れない。10 ÷ 5 = 2.497… となる。 n ≥ 5 の時、対称群 Sn は可解ではない。 5次以上の方程式には、有限回の四則演算と根号とによって解を求めることができないものがある。

5

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

豆汁

概要 (Wikipediaから引用)

豆汁(とうじゅう、中国語: 豆汁儿(dòuzhīr)、酸豆汁儿 (suān dòuzhīr))は、緑豆を煮てから、すりおろして作った豆乳を乳酸発酵させた、少し酸味のある飲料。北京の伝統的な栄養食品のひとつ。春雨の製造過程ででる上澄み液も利用する事が出来る。 ヨーグルトは乳製品の動物性タンパク質を発酵させるが、豆汁は緑豆に25%程度含まれる植物性タンパク質を発酵させたもので、味にも共通性がある。もともと、春雨の製造過程で、緑豆をすりつぶして沈殿する部分にはでん粉が多いため、春雨を作るのに用い、上澄み液にはタンパク質が溶け込んでおり、これをさらに沈殿させながら発酵させると原液が出来あがる。飲用する前に土鍋などで煮沸される。 緑豆を水につけてふやかし、ミキサーや擂り鉢ですりつぶして「生豆汁」とし、これを元に作るものもある。「生豆汁」を発酵させないレシピもあるが、それでは酸味がほとんど出ず、風味が異なる。 北京の庶民の味といわれ、他の都市ではほとんど見かけないが、地元北京でも独特の酸味と臭いを嫌う人が多い。

概要 (Wikipediaから引用)

『囲碁』より : 囲碁(いご)とは、2人で行うボードゲームの一種。交互に盤上に石を置いていき、自分の石で囲んだ領域の広さを争う。単に碁(ご)とも呼ばれる。 2人のプレイヤーが、碁石と呼ばれる白黒の石を、通常19×19の格子が描かれた碁盤と呼ばれる板へ交互に配置する。一度置かれた石は、相手の石に全周を取り囲まれない限り、取り除いたり移動することはできない。ゲームの目的は、自分の色の石によって盤面のより広い領域(地)を確保する(囲う)ことである。 アブストラクトゲーム、ボードゲームの一種で、ゲーム理論の言葉で言えば二人零和有限確定完全情報ゲームである。勝敗は、より大きな地を確保することで決定される(#勝敗に関するルール)。ゲームの終了は、将棋やチェスと同じように、一方が負けを認めること(投了という)もしくは双方の「もう打つべきところがない」という合意によって行われる。他のボードゲームと比較した場合の特異な特徴は、ルール上の制約が極めて少ないこと、パスが認められていることが挙げられる。

豆油

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『東京大学』より : 東京大学の建造物(とうきょうだいがくのけんぞうぶつ)では、東京大学の敷地内にある建造物について解説している。 日本で初めて設立された近代的な大学である東京大学には、明治以降の日本における教育史を象徴する数多くの建造物が関東大震災や東京大空襲などによる被害から免れ、残存している。そのため、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物も多い。さらに指定までは受けていないものの建築関係者に評価の高い建物などもある。本記事では、重要文化財や登録有形文化財となっている建築物を中心に東京大学のキャンパス内に現存している、もしくはしていた建造物に関して歴史的意義などをふまえながら解説をしている。 本郷地区キャンパスの建造物 本郷キャンパス 本郷キャンパスには歴史のある建物が多く、東京都の登録有形文化財第1号である安田講堂をはじめ、正門(横にある門衛所も含む)、法文1号館、法文2号館、法学部3号館、工学部列品館、工学部1号館が登録有形文化財に登録されている。

概要 (Wikipediaから引用)

ご、ゴは、仮名のひとつであり、こ、コに濁点をつけた文字となる。日本語の音節のひとつとして用いられ、1モーラを形成する。 日本語での発音 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 発音:Japanese go.ogg ご ご に関わる諸事項 日本語では数字の「5」を「ご」と表記する。 囲碁のことを「ご」という。 ゴは、書体名において、ゴシック体やそれに似た書体であることを表す(ゴナ、新ゴなど)。 「ご」は、「お」と同様に、日本語の丁寧表現として使われる接頭辞。ご飯、ご利用などや、ご覧になる、といった表現など。 関連項目 こ こ゚。

概要 (Wikipediaから引用)

伍長(ごちょう)は一般に軍隊の階級の一つである。伍は文字の作りのとおり5人という意味で、古代の中国の軍隊が5人を最小単位として編成したことにもとづく。 歴史上の伍長や日本の伍長、伍長に相当するとされる英語のcorporalに相当する外国の階級については下記の通りである。 地方制度の伍長 伍は五人単位の組織全般に用いられ、古代中国の周の時代には地方支配の末端の役職に伍長があった。五人組の頭、五人一組の隣組の長として、この語が用いられた。 明治時代初めの仙台藩では、江戸時代の五人組を引きつぐものとして、伍中という単位を設け、伍長を任命して統括させた。(詳しくは伍長 (仙台藩・宮城県)を参照) 日本の伍長 幕末、新選組で組長の下におかれた役職。 明治初期の大日本帝国陸軍における下士中の最下級の階級。「伍長一等」・「伍長二等」とに分かれる(当時は曹長・軍曹もそれぞれ一等・二等に分かれていた)。1879年(明治12年)10月10日改正「陸軍武官官等表」などに見られる。