「ごい」とは?

言葉 詳細
乞い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ごい

概要 (Wikipediaから引用)

ごいたは石川県旧能都町(現・能登町)の漁師町に伝わる伝統ゲームである。ごいたは、将棋の駒に似たコマと盤を用いて行われる。盤は適当な板でよく、普通は将棋盤や碁盤が使用される。コマは将棋の駒と同じ形の物である。将棋のものとは違い裏に何も書かれておらず、「桂馬」は「馬」・「歩兵」は「し」と書かれている。構成も将棋とほとんど同じであるが、「し」のコマは10枚であり、全部で32枚である。コマは手作りの物が多い。かつては、海が荒れて漁に出ることができないときに一週間くらいかけて作られていた。コマをカードなどで代用することも可能である。ごいたは4人で行われる。最初にコマを引いて2人の組を決め、同じ組の人が向かいになるように席を決める(この席順はコントラクトブリッジなどと似ている)。上位のコマを引いた組の一人が親となる。

五井

概要 (Wikipediaから引用)

五井駅(ごいえき)は、千葉県市原市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小湊鐵道の駅である。 所在地はJR東日本が五井中央西二丁目、小湊鐵道が五井中央東一丁目である。 市原市の中心部・五井地区に位置し、市原市の代表駅ともなっている。内房線内の中間駅では最大の利用客を誇る。 JR東日本の内房線と小湊鐵道の小湊鉄道線が乗り入れており、接続駅となっている。小湊鉄道線は当駅が起点である。当駅は両社の共同使用駅となっており、JR東日本が駅を管理している。 JR東日本の駅は、1912年(明治45年)3月28日の木更津線蘇我駅 - 姉ケ崎駅間開通と同時に開業した。同線は安房北条駅(現在の館山駅)まで開通した1919年(大正8年)5月24日に北条線と改称し、1929年(昭和4年)4月15日に房総線に編入、1933年(昭和8年)4月1日に房総西線として分離した後、1972年(昭和47年)7月15日に内房線に改称された。

五位

概要 (Wikipediaから引用)

『位階』より : 五位(ごい)とは、仏教においてあらゆる事象を5つの位態に分類して、人間の精神を中心とした全ての現象の要素(法, ダルマ)をまとめたもの。五法(ごほう)・五品(ごほん)などとも。 五位とは、 (因縁変化を成立させる「有為法」内の) 「物質的なもの」を意味する「色 (しき、梵: rūpa) 法」 「心の主体となる識」を意味する「心(しん、梵: citta)法」 「心のはたらき」を意味する「心所(しんじょ、梵: caitta) 法」 「それ以外」のものを意味する「心不相応行(しんふそうおうぎょう、梵: citta-viprayukta-saṃskāra)法」(因縁変化を成立させる「有為法」以外の) 「生滅変化なく、因縁によって動かないもの」を意味する「無為(むい、梵: asaṃṣkṛta)法」の5つに分類される諸法を総称したものである。

語い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

語意

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

語彙

概要 (Wikipediaから引用)

語彙(ごい)とは、ある特定の範囲(例えば、一つの文学作品や、一個人の発言記録など)において使われる単語の総体(「彙」は「集まり」の意味)。したがって、通例「語彙」を個々の語を示す表現として用いることはできない。たとえば、「あの人は語彙が豊富だ。」という文は容認できるが、「『もったいない』という語彙」と述べることには不自然さが伴う。語彙を体系的に記述研究する言語学の分野を語彙論という。 語彙の種類 基礎語彙 その言語の根幹部分をなす語の集まりを指す。使用頻度が高く、日常生活に必要不可欠で、子供でも知っており、他の言語にもそれに相当する語があり、長い歴史を通じて変化しにくいなどの条件を充たす語の集まりである。 一般に、「目」「手」「足」などの身体語、「父」「母」「娘」などの親族語、食べ物、動物、気象などに関する身近な名詞、ごく基本的な動詞や形容詞、数詞などが基礎語彙として扱われる。 「基礎語彙表」は言語学のいくつかの分野においても重要であり、各種の統計的評価の素材としてよく用いられる。