「ごいどう」とは?

言葉 詳細
五位堂

概要 (Wikipediaから引用)

五位堂駅(ごいどうえき)は、奈良県香芝市瓦口にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線の駅である。副駅名は「真美ヶ丘ニュータウン前」(まみがおかニュータウンまえ)。 1927年(昭和2年)7月1日 - 大阪電気軌道八木線(現在の大阪線)の恩智 - 高田間開通と同時に開業する。 1941年(昭和16年)3月15日 - 参宮急行電鉄との合併により、関西急行鉄道の駅となる。 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。 1963年(昭和38年)1月 - 待避線が設置される(同時に大和高田駅が高架化・待避線を撤去)。 1987年(昭和62年) - 現駅舎の供用を開始する。区間快速急行および急行の停車駅になる。 2001年(平成13年)3月22日 - 快速急行の停車駅になる。 2007年(平成19年)4月1日 - 当駅におけるPiTaPaの供用を開始する。 駅名について 当駅が香芝市五位堂ではなく同市瓦口に位置するにもかかわらず「五位堂駅」と名乗っている。