「ごう」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

号(ごう、旧字体は號)とは、 - 号(接尾辞として)番号・順番。多数のものを整理するために順番に割り振る数。 道路の路線番号。日本の国道の場合は一般国道を参照。 住居番号 - 家屋につけられる番号。住居表示に用いる。 家屋番号 - 家屋につけられる番号。不動産登記に用いる。 地番 - 土地につけられる番号。不動産登記に用いる。 雑誌の通巻数。発行される時期や種別につけることもある。 台風番号。台風#台風の命名を参照。 ホームランの通算数。選手ごと、試合ごと、大会ごとに用いる。鉄道・バス・船舶などの乗り物の愛称につける接尾辞。同じ愛称の列車・便には順に番号を付ける。鉄道の場合は列車愛称を参照。 ウマ、イヌなど、動物の名前につける接尾辞。 単位和文活字のサイズの単位。 絵画の大きさを表す単位。キャンバスを参照。 円柱の直径を表す単位。1号は3cm。近年はメートル法表記も見られる。 植木鉢のサイズの単位 ホールケーキのサイズの単位 花火の玉の大きさ(球の直径)を表す単位。1号は1寸(約3cm)。尺貫法での表記も見られる。 既製服のサイズ(ヌード寸法)の単位。

概要 (Wikipediaから引用)

業(ごう)とは、仏教の基本的概念で、サンスクリットのकर्मन् (karman) を意訳したもの。 サンスクリットの動詞の「クリ」(kR)の現在分詞である「カルマット」(karmat)より転じカルマンとなった名詞で、「行為」を意味する。業そのものは、善悪に応じて果報を生じ、死によっても失われず、輪廻転生に伴って、アートマンに代々伝えられると考えられた。アートマンを認めない無我の立場をとる思想では、心の流れ(心相続)に付随するものとされた。中国、日本の思想にも影響を与える。「ウパニシャッド」にもその思想は現れ、のちに一種の運命論となった。 今日、一般的にこの語を使う場合は、(因縁・因果による)行為で生じる罪悪を意味したり(例えば「業が深い」)、不合理だと思ってもやってしまう宿命的な行為という意味で使ったりすることが多い。 釈迦以前の業 釈迦が成道する以前から、従来のバラモン教に所属しない、様々な自由思想家たちがあらわれていた。かれらは高度な瞑想技術を持っており、瞑想によって得られた体験から、様々な思想哲学を生み出し、業、輪廻、宿命、解脱、認識論などの思想が体系化されていった。

概要 (Wikipediaから引用)

郷(ごう、きょう、さと)とは田舎または里を意味し、地方行政の単位(村の集合体)である。 日本における郷 律令制の郷 日本では奈良時代、律令制における地方行政の最下位の単位として、郡の下に里(り、さと)が設置された。里は50戸を一つの単位とし、里ごとに里長を置いた。 715年に里を郷に改称し、郷の下にいくつかの里を置く郷里制に改めたが、後に里が廃され郷のみとなった。 715年にこれが郷(ごう、さと)と改められ、郷の下に新たに2~3の里が設定された。しかし、この里はすぐに廃止されたため、郷が地方行政最下位の単位として残ることになった。 つまり、郷は戸という家族集団の集まりであるから、「人」の支配のために設けられた制度である。 平安時代中期の辞書である『和名抄』は、律令制の国・郡・郷の名称を網羅しており、例えば平安京が置かれた山城国葛野郡には12郷が存在していたことがわかる(右表参照)。 郷の変質 律令政治の弛緩は地方政治にも大きな影響を与え、従来は郡の下部組織であった郷の位置づけも変化して、有力な郷(郷倉が置かれた郷など)が郡から分離したり、郡そのものを分割したりすることで名称は依然として「郷」でありながら実質は郡と同じ役割を果たすものが登場した。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

剛 竜馬(ごう りゅうま、1956年3月23日 - 2009年10月18日)は、東京都新宿区三光町出身、神戸育ちのプロレスラー、俳優。本名は八木 宏(やぎ ひろし)。なお、プロフィールは公称で、実際は神戸市出身である。 国際プロレス時代 母子家庭で苦労する妹たちに楽をさせたいと、中学卒業を待たずに上京。日本プロレスに数ヶ月練習生として通い、1970年の国際プロレス第1回新人選手公募に約2,000人の中から14歳の若さで選出される。1972年9月9日に群馬県藤岡市立体育館の米村勉(天心)戦でデビュー。 1973年になると、全日本プロレスとの対抗戦にも出場した他、遅れて入団した大卒新人の鶴見五郎と共に、清美川梅之預かりの海外武者修行に出され、カナダで一緒になった吉田光雄(長州力)と3,4ヶ月間タッグを組んだこともある。1976年7月に凱旋帰国し、国プロと東京12チャンネル主催のファン投票によって新リングネームを『剛竜馬』と決定。若く容姿にも恵まれた人気者で、次代の国プロを背負う期待の星と目されていた。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。