「ごうかい」とは?

言葉 詳細
豪快

概要 (Wikipediaから引用)

『豪快!御影屋』(ごうかい みかげや)は、一部TBS系列局で放送された毎日放送製作のバラエティ番組。製作局の毎日放送では1996年4月8日から1998年3月23日まで放送。 出演者の久本朋子が東京都内在住の人々と交流する姿を通じて、東京という街を見ていこうという主旨で放送されていた番組である。具体的には、番組制作陣が毎回設定する1つのテーマを基に久本が都内在住の一般人たちと世間話をしたり、番組企画への参加を促したりするというものだった。在阪テレビ局が制作した番組であるが、収録は基本的に東京都内で行われていた点が特徴である。オープニングでは「○○(毎週変わる)から東京という街を検証するドキュメントバラエティ番組である」というテロップが流れていた。番組タイトルは、企画・構成を担当した高須光聖の実家の青果店の屋号に因んでいる。 この番組は、『ビデリンが行く!』終了後の後番組の1つとしてスタートした。同時期にスタートした火曜深夜・水曜深夜・木曜深夜の後番組群がいずれも2クール以内で打ち切られていたのに対し、月曜深夜のこの番組だけは2年間にわたって放送され続けた。