「ごうかん」とは?

言葉 詳細
号館

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合歓

概要 (Wikipediaから引用)

合歓の郷(ねむのさと)は三重県志摩市浜島町迫子にある、総合リゾート施設である。 かつては「ヤマハリゾート合歓の郷」と呼ばれていたようにヤマハが経営していたが、2007年に三井不動産に譲渡され「合歓の郷ホテル&リゾート」と称していたが、現在は「NEMU HOTEL & RESORT」と称している。運営は株式会社合歓の郷が行う。敷地面積は300万m²あり、浜島町にある大崎半島の大部分を占める。 沿革 浜島町迫子#大崎半島の開拓も参照。 当初は現在の大崎半島ではなく、志摩郡大王町の登茂山(ともやま)に建設する計画であったが、近畿日本鉄道が既に開発計画を持っていたため、現在地になった。 1967年11月 - ヤマハリゾート合歓の郷として開園。 1969年 - ミュージックキャンプがオープン。第1回ヤマハポピュラーソングコンテスト開催(当初の名称は「作曲コンクール」)。 1973年5月 - 計画されていたすべての施設が完成。 1989年 - 合歓の郷ゴルフクラブがオープン。 2007年 - 三井不動産に譲渡される。 2010年7月3日 - 志摩レゲエ祭2010を開催。

ごうかん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。