「ごうぎ」とは?

言葉 詳細
ごうぎ

概要 (Wikipediaから引用)

『山陰合同銀行』より : 株式会社山陰合同銀行(さんいんごうどうぎんこう、THE SAN-IN GODO BANK, LTD.) は、島根県松江市に本店を置く、山陰地方で最大規模の地方銀行。「ごうぎん」の愛称で親しまれる。 島根県および鳥取県、島根県内13市町(松江市・浜田市・益田市・大田市・江津市・雲南市・奥出雲町・川本町・美郷町・津和野町・海士町・西ノ島町・隠岐の島町)および鳥取県内12市町村(米子市・倉吉市・境港市・三朝町・湯梨浜町・琴浦町・日吉津村・南部町・伯耆町・日南町・日野町・江府町)の指定金融機関を受託している。 地盤である山陰地区では、53%の貸出金シェアを占めるが人口減少と高齢化が著しく、資金需要は頭打ちの為、山陽・兵庫地区を強化。2012年10月に開設した阪神北支店(川西市)を皮切りに法人営業に特化した「空中店舗」の出店を進め、営業担当職員を増やすなど、兵庫県内での攻勢を強化している。島根県・鳥取県内の店舗の看板表記には「ごうぎん」と、岡山県などの山陰以外の店舗には「山陰合同銀行」と正式名称で表記されている。

豪気

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

豪儀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合議

概要 (Wikipediaから引用)

合議審(ごうぎしん)とは、裁判所において3名以上の裁判官が合議体にて、裁判(審理・判決など)を行うこと。 これに対し、裁判官が単独(1人だけ)で裁判(審理・判決など)を行う場合は単独審という。地方裁判所の合議体は3人の裁判官で構成される(s:裁判所法#26 裁判所法26条3項)。裁判官の人数が少ない支部などを除くと、裁判官は、3人~4人くらいが1つの部に配属されているが(民事第○部、刑事第○部などと名付けられる)、その部の部総括判事と呼ばれる判事(部を取り仕切るベテラン裁判官)が裁判長となり、それより若手の判事又は特例判事補が右陪席(みぎばいせき)裁判官、経験5年未満の未特例判事補が左陪席(ひだりばいせき)裁判官となることが多い。右陪席・左陪席は、法廷でそれぞれ裁判長から見て右・左に座ることからの名称である。