「ごうけい」とは?

言葉 詳細
豪溪

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合計

概要 (Wikipediaから引用)

合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ、英:total fertility rate、TFR)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が一生に産む子供の平均数を示す。この指標によって、異なる時代、異なる集団間の出生による人口の自然増減を比較・評価することができる。 定義 期間合計特殊出生率 女性が出産可能な年齢を15歳から49歳までと規定し、それぞれの出生率を出し、足し合わせることで、人口構成の偏りを排除し、一人の女性が一生に産む子供の数の平均を求める。 ある年において、f(x)を「調査対象において、年齢xの女性が一年間に産んだ子供の数」、g(x)を「調査対象における年齢xの女性の数」とすると、その年の合計特殊出生率は\sum_{x=15}^{49} \frac{f(x)}{g(x)}で表される。