「ごうし」とは?

言葉 詳細
郷司

概要 (Wikipediaから引用)

郷司裕(ごうし ひろし、1932年(昭和7年) - 2006年(平成18年))、北海道出身の野球審判。元日本学生野球協会常任理事。明治大学卒業。旧制明治中学校(現:明治大学付属明治高等学校・中学校)時代、野球部監督であった島岡吉郎から球審を勧められ、以来、半世紀余りを高校、大学、社会人の各大会で2,000を越える試合でマスクをかぶった。特に、全国高等学校野球選手権大会 夏の甲子園では決勝戦の球審を13回務め、1965年~1975年まで実に春夏通算11年連続決勝戦の球審を務めた。俳優の高倉健は大学時代の同期。 1962年第33回都市対抗野球大会 大阪市・電電近畿-東京都・サッポロビール ニッポンビール(延長22回、5時間27分)で球審。 1969年第51回全国高等学校野球選手権大会 第51回大会決勝 愛媛県立松山商業高等学校 松山商-青森県立三沢高等学校 三沢ならびにその再試合で球審

剛志

概要 (Wikipediaから引用)

剛志駅(ごうしえき)は、群馬県伊勢崎市境保泉にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 23。 年表 1910年(明治43年)3月27日 - 開業。 1973年(昭和48年)9月1日 - 駅無人化、簡易委託開始。 2006年(平成18年)3月18日 - 太田 - 伊勢崎間のワンマン運転開始。 2008年(平成20年)春 - 新駅舎の供用を開始。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する地上駅。簡易委託駅であり、近距離乗車券は駅前の商店で発売している。駅舎は線路の北側にあり、ホームとは跨線橋で連絡している。2008年(平成20年)春に旧駅舎の東側に新駅舎が建設され、旧駅舎は取り壊された。駅舎にはPASMO対応簡易改札機、乗車駅証明書発行機、トイレが設置されている。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員は1,337人である。近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。 駅周辺 境伊与久郵便局 群馬県立伊勢崎高等学校(旧・群馬県立伊勢崎東高等学校) 保泉ニュータウン 隣の駅 32px 東武鉄道 TI 伊勢崎線 境町駅 (TI 22) - 剛志駅 (TI 23) - 新伊勢崎駅 (TI 24) 関連項目 日本の鉄道駅一覧 外部リンク 東武鉄道 剛志駅。

合志

概要 (Wikipediaから引用)

合志市(こうしし)は、熊本県中北部にある人口約6万人の市。 地理 熊本県の北部内陸部に位置する。市の北部は阿蘇山の火山灰が降り積んだ黒ボクと呼ばれる火山灰性腐植土に覆われた広大な農地が広がり、県内有数の穀倉地帯である。 住宅地・商業地は、国道・県道や熊本電鉄沿線に形成されている。また熊本市に隣接した南西部一帯に新市街地を形成しており、熊本市のベッドタウンとして人口は増加傾向にある。 隣接している自治体・行政区 熊本市(北区) 菊池市 菊池郡:菊陽町、大津町 地名 合生 上庄 幾久富 栄 須屋 竹迫 豊岡 野々島 福原 御代志 上生 中世 建久年間(1190年 - 1198年) 合志郡の地頭職に任じられた中原師員によって竹迫城が築城される。

郷士

概要 (Wikipediaから引用)

郷士(ごうし)は、江戸時代の武士階級(士分)の下層に属した人々を指す。江戸時代、武士の身分のまま農業に従事した者や、武士の待遇を受けていた農民を指す。平時は農業、戦時には軍事に従った。郷侍(ごうざむらい)とも。 人々の立場が流動的であった戦国時代が終わり、徳川幕府下で新しい階級制度(武士・百姓・町人、いわゆる士農工商)が形成される中、武士と農家の中間層に分類される層(地侍・土豪など)が在郷(城下でなく農村地帯に居住すること)する武士として扱われたもの。武士身分と同じく藩・幕府に士分として登録され、苗字帯刀の特権も与えられている。しばしば混同されるが、苗字帯刀を許されている層には郷士以外の階級(豪商・豪農・学者など)も含まれているため、「名字帯刀=郷士」という認識は誤りではないが正確でもない。 郷士は「(武士階級である以上、その特権として)苗字帯刀を許されている」のに対し、郷士以外は「(武士階級ではないが、特に働きがあったため)苗字帯刀を許されている」のである。

ごうする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

号する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ごうし

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合資

概要 (Wikipediaから引用)

合資会社(ごうしがいしゃ、羅: societas in commendam、独: Kommanditgesellschaft、仏: société en commandite、英: partnership in commendam)とは、大陸法上の企業形態で、コンメンダに由来する有限責任社員と無限責任社員から構成される組合類似の組織を有するのが特徴である。フランス、ドイツ、米国ルイジアナ州、日本など、大陸法諸国において認められる制度であるが、英米法においても同様の企業形態が制定されており、この場合はリミテッド・パートナーシップと呼ばれる。 日本法の法令用語としては日本の会社法上のものを指す場合と、類似の形態の外国会社を含む場合とがある。日本法上の合資会社は、英語表記ではlimited partnership companyなどとされる。 会社名の一部として略称を用いる場合は、一般的には「(資)」(銀行振込の場合は「シ」)とされる。英語表記では"GSK"(GoShi Kaisha)と略すことが多い。 会社法は、以下で条数のみ記載する。 会社法 日本法上の合資会社は、法人格を有するのが特徴であり、会社法においては、持分会社の一類型とされる(575条1項、576条1項5号)。

合し

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

合祀

概要 (Wikipediaから引用)

合祀(ごうし)とは、神道の用語である。 ある神社の祭神を、別の神社で合わせて祀ること(寄宮)。または、一つの神社に複数の祭神が祀られている状態のこと(相殿)。 合祭(ごうさい、がふさい)とも言う。 前者の合祀には、本殿で祭神を一緒に祀る本殿合祀と、神社の境内に元の神社を移転し境内社とする境内合祀、離れた飛地境内に移転し境外社とする飛地境内合祀の3種類がある。 明治から大正にかけての神社合祀令では多数の神社が合祀の末、廃社された。これら廃社された神社の中には、後に合祀されていた祭神を戻し(復祀)、再建されたものもある。 関連項目 総社 分霊 神社合祀。