「さい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『年齢』より : 年齢(ねんれい)とは、出生からの経過時間を年単位で表したものをいう。暦年齢(れきねんれい)、生活年齢(せいかつねんれい)、齢(よわい)とも呼ばれ、通常、満年齢を指す。 年齢を数える単位は歳(さい)である。「歳」は小学校で教える教育漢字ではないため、小学校では代わりに才(さい)が用いられる。同様に「年齢」に代えて「年令」が用いられる。「歳」という文字の意味は「年」とほぼ同じ「とし」で、年数を数える単位に「年」、年齢を数える単位に「歳」が専用される以外はしばしば混用される(例:年末=歳末)。 日本における年齢 日本では、「年齢計算ニ関スル法律」(1902年施行)、「年齢のとなえ方に関する法律」(1950年施行)により、満年齢で計算し、となえると規定されている。 日本の法令の場合、ほとんどは満年齢を基準にしているが、法律上の資格の有効期間・更新期間の中には、資格者の誕生日を基準とするものもある。 満年齢のうち年未満の端数処理は切り捨てが一般的だが、生命保険の分野では、これを四捨五入した保険年齢と呼ばれる年齢で保険料を算出する会社又は商品もある。

概要 (Wikipediaから引用)

債権回収会社(さいけんかいしゅうがいしゃ、英: Collection agency)とは、日本において、弁護士法の特例として特定金融債権の管理や回収を業として行うことができる株式会社をいう。サービサーともいう。債権管理回収業に関する特別措置法の規制を受け、同法の許可が必要である。法務省が所管する。 背景 債権については、原債権者である金融機関等が自ら管理回収することが原則であるが、いわゆるバブル経済の崩壊以降、不良債権化した債権などについては、債権回収を専門とする企業にその管理回収をゆだね、不良債権の効率的な処理を行うことが必要とされてきた。ところが、原則として単純な支払いの受領などを超える総合的な債権回収業務については、弁護士法に基づいて、弁護士が法律事務に関する業務を独占していることとの関係で違法となる可能性があった。 このことから、債権管理回収を行う会社については、特別法として制定された本法による規律を受けることとして、弁護士法の特例として業務を行うことを明確に認めることとなった。

概要 (Wikipediaから引用)

祭(まつり)とは、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為(儀式)である。供物そのほかが捧げられる。 祭祀(さいし)、祭礼(さいれい)、祭儀(さいぎ)。また、まつりの漢字の表記(祀り・祭り・奉り・政りなど)によって、用途や意味合いが少し異なってくる(詳細は後述)。 原初的形態 祭祀・祭礼の形は、世界各地で多様な形を示す。そして、原初の祭は、一つの信仰に基づいていたと考えられる。すなわち、豊穣への感謝・祈りであり、ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』では、生命の死・再生を通して考察された。農耕社会においては、収穫祭が古いものであるが、その他にも祭壇に動物の生贄を捧げる形式があり、ともに命によって豊穣を得られる信仰が窺える。『金枝篇』に載せられている例でいえば、ヨーロッパのキリスト教以前の色を濃く留めている風習の一つで、収穫した穀物を使い人形状のパンまたはクッキー(人体の象徴)を作り、分割する祭礼があり、聖餐との類似が指摘できる。

概要 (Wikipediaから引用)

裁判員制度(さいばんいんせいど)とは、特定の刑事裁判において、有権者(市民)から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加する日本の司法・裁判制度をいう。 制度設計にあたっては、1999年7月27日から2001年7月26日までの間、内閣に設置された司法制度改革審議会によってその骨子、次いで意見書がまとめられた。 この意見書にもとづき、小泉純一郎内閣の司法制度改革推進本部が法案「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(通称:裁判員法)」を国会に提出し、2004年(平成16年)5月21日成立。裁判員制度は同法により規定され、一部の規定を除いてその5年後の2009年(平成21年)5月21日に施行され、同年8月3日に東京地方裁判所で最初の公判が行われた。 「裁判員」の英訳については、法務省や最高裁判所などは公式にはsaiban-inを用いるが、説明的にcitizen judge system(「市民裁判官」)やlay judge system(「民間裁判官」)といった訳語が用いられることもある。

概要 (Wikipediaから引用)

才(さい)は、尺貫法の体積の基本単位である。 船の積み荷や石材を量る場合には、一辺1尺の立方体の体積(1立方尺)を指す。立方尺は、升と並んで尺貫法における体積の基本単位であった。尺は10/33メートルであるから、才 = 立方尺は、約0.027 826 474 立方メートル = 27.826 474 リットルである。この場合、才の10倍(10立方尺)を石(こく)という。1石は、約0.278 264 74 立方メートル = 278.264 74 リットルである。 その他の「才」 木材、特に貴重材の体積(材積)については、一寸角で長さ1間(地方によっては2間)の体積を指す。1間を6尺とした場合、約0.001 669 588 m3である。 勺の10分の1の体積(1升の1000分の1)も才という。1才は10弗(ふつ)である。この場合の1才は1.803 907 ミリリットルとなり、別名として抄がある。 また、陸上物流において、荷物のサイズから換算される容積質量 (volume weight) としての才もある。

佐井

概要 (Wikipediaから引用)

佐井村(さいむら)は、青森県下北半島の西側にある村である。下北半島をまさかりに見立てると、刃の部分にあたる。 津軽海峡に面しており、晴れた日には対岸の北海道を見渡せる。村面積の多くを恐山山地を構成する山地にて占め、海岸線沿いの平地部分に集落が存在する。冬季には津軽海峡よりの風が強く吹き付ける。山間部は深雪となるが、平野部は強風によりあまり積もることはない。 地理 青森県下北半島の西岸に位置する。行政区域は東経140度16分 - 140度57分、北緯41度12分 - 41度28分で、南北に細長い形状を成す。恐山山地を構成する600mから800m級の山々に周囲を囲まれ、集落は海岸線に沿って8集落(北から原田、古佐井、大佐井、矢越、磯谷、長後、福浦、牛滝)が、山間部に1集落(川目)が点在する。佐井地区(大佐井、古佐井地区)に人口の6割近くが集中する。 山: 荒沢山 (672m)、大作山 (776m)、縫道石山 (626m)、アンド山 (646m) 河川: 大佐井川、古佐井川 人口 古くより蝦夷の定住集落が存在していたとみられている。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『山本隆雄』より : 山本 隆雄(やまもと たかお、1959年12月1日 – )は、日本のサブカルチャー評論家、実業家。日本コンピュータクラブ連盟理事長。日本霊能者連盟理事長。日コン連企画株式会社代表取締役を務めると共ともに、傘下の企業・団体の代表でもある。ハンドルネームは「えむびーまん」で過去には「のりびーまん」・「のりびーまん2号」・「山名健二」などを名乗った時期もある。 大阪市東住吉区出身。大阪府立東住吉高校卒業。神戸大学教育学部卒業。 1984年~1988年までシャープ株式会社勤務。1988年~現在日コン連企画株式会社代表取締役。2004年~現在有限会社鈴なり会代表取締役兼務。 エピソード インターネット・パソコン通信関連 「のりびーまん」のハンドルは、同社が国産初のふれこみでアンチウイルスソフトウェアパッケージ「サイバーワクチンいてこまし」を発売した直後の1990年、ある団体が発行する同人誌に『がんばれ のりびーまん』というタイトルで「ウイルスをさんざんばらまいて恐怖を煽った後、ワクチンを売り出して大もうけをたくらむマッチポンプ男」という内容の風刺漫画(参考 - ウェイバックマシン(2000年9月29日アーカイブ分))が載ったためその名前をそのまま貰ったとしているが、のりびーまんの語自体が元々何に由来するのかは結局未だに説明されていない。

さい

概要 (Wikipediaから引用)

自治体名=さいたま市 都道府県=埼玉県 コード=11100-7 隣接自治体=上尾市、川口市、朝霞市、川越市志木市、戸田市、蓮田市富士見市、蕨市、春日部市越谷市、南埼玉郡白岡町 木=ケヤキ 花=サクラソウ シンボル名=他のシンボル 鳥など=市の花木:サクラ市のマスコット:つなが竜「ヌゥ」市の歌:『希望のまち』作詞:福原くにこ作曲:タケカワユキヒデ 郵便番号=330-9588 所在地=さいたま市浦和区常盤6丁目4番4号ファイル:Saitama-City-Hall.jpg 250px さいたま市役所・浦和区役所 電話番号=048-829-1111 経度=東経139度38分43.4秒 緯度=北緯35度51分42秒 特記事項=さいたま市の旧境界ファイル:4shi-map.gif 旧4市の境界 旧・浦和市 旧・大宮市 旧・与野市

差異

概要 (Wikipediaから引用)

差異派フェミニズムというのは、男性と女性の間の根本的な同一性を何らかのかたちで強調する、それまでの平等派フェミニズムとは異なり、男性と女性が存在論的にまったく異なる存在であることを強調するフェミニズムの一分派である。差異派フェミニズムの生まれた背景には法律問題がその一因としてある。平等派フェミニズムは、たとえば、女性が選挙権その他の権利を持つことは保証したかもしれないが、医学的な支援のような、より重要で影響力のある変革を行うためには、女性が男性と異なるという主張を行うことが必要だったのである。差異派フェミニズムが強調する根本的な差異とは、生物学的な差異、感情的な差異、もしくは、その両方である。 差異派フェミニズムが流行したのは、いわゆる第二波フェミニズムのときである。差異派フェミニズムは、たとえば出産のような、生物学的な理由から生まれる男性とは異なるニーズに対して、適切な対策がとられないという問題に対処するために重要であった。 関連項目 男は火星人、女は金星人 カルチュラル・フェミニズム。

差違

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

サイ

概要 (Wikipediaから引用)

サイ(犀; 英語: rhinoceros もしくは rhino (ライノー); ギリシア語: ῥινόκερως 「鼻に角を持つもの」の意)は、奇蹄目サイ科(Rhinocerotidae)に属する哺乳類の総称。 分布 世界には5種類のサイが現存しており、アフリカ大陸(シロサイ、クロサイ)、インド・ネパール(インドサイ)、東南アジア(ジャワサイ、スマトラサイ)に分布している。進化の過程で数百種類のサイが存在していたとの研究結果もある。 形態 ゾウに次ぐ大型の陸棲哺乳類であり、最大の種であるシロサイは体長4m、体重2.3tに達する(最大で3.6tという記録がある)。巨体に似合わず最高時速50kmで走ると言われる。サイの皮膚は非常に分厚く硬質で、体全体を鎧のように覆っている。その皮膚はあらゆる動物の中でも最硬といわれ、肉食獣の爪や牙を容易には通さない。加えて成獣は大きな体躯を持つことにより、肉食獣に襲われて捕食されることはあまり多くはない。 頭部には1本または2本の硬い角を持つ。成分を見ると角は骨ではなく、むしろ人間の髪の毛や爪に近い。

概要 (Wikipediaから引用)

『サイ』より : サイ(犀; 英語: rhinoceros もしくは rhino (ライノー); ギリシア語: ῥινόκερως 「鼻に角を持つもの」の意)は、奇蹄目サイ科(Rhinocerotidae)に属する哺乳類の総称。 分布 世界には5種類のサイが現存しており、アフリカ大陸(シロサイ、クロサイ)、インド・ネパール(インドサイ)、東南アジア(ジャワサイ、スマトラサイ)に分布している。進化の過程で数百種類のサイが存在していたとの研究結果もある。 形態 ゾウに次ぐ大型の陸棲哺乳類であり、最大の種であるシロサイは体長4m、体重2.3tに達する(最大で3.6tという記録がある)。巨体に似合わず最高時速50kmで走ると言われる。サイの皮膚は非常に分厚く硬質で、体全体を鎧のように覆っている。その皮膚はあらゆる動物の中でも最硬といわれ、肉食獣の爪や牙を容易には通さない。加えて成獣は大きな体躯を持つことにより、肉食獣に襲われて捕食されることはあまり多くはない。 頭部には1本または2本の硬い角を持つ。成分を見ると角は骨ではなく、むしろ人間の髪の毛や爪に近い。

概要 (Wikipediaから引用)

賽は、 サイコロのこと 賽銭のこと 賽日(さいにち) - 主に江戸で奉公人が帰省休暇(藪 (やぶ) 入り)を貰ったことにより、閻魔にお参りした日。1月16日と7月16日。

概要 (Wikipediaから引用)

采女(うねめ)とは、日本の朝廷において天皇や皇后に近侍し、食事など身の回りの雑事を専門に行う女官のこと。平安時代以降は廃れ、特別な行事の時のみの官職となった。発祥ははっきりしないが、『日本書紀』によると既に飛鳥時代には地方の豪族がその娘を天皇家に献上する習慣があった。一種の人質であり、豪族が服属したことを示したものと考える説が有力だが青木和夫 1965、延喜17年(917年)の太政官符に、出雲国造が「神宮采女」と称して妾を蓄えることを禁止しつつも神道祭祀に必要な場合には1名に限り認める内容のものがあることを根拠に、地方の祭祀を天皇家が吸収統合していく過程で成立した制度で、祭祀においては妾と同一視され後述のとおり子供が出来る行為を伴ったと推測した説青木和夫 1974もある。中には天皇の気に入り、その子供を産む者もいた。が、当時は母親の身分も重視する時代であったため、采女出生の子供は中央豪族や皇族出生の子供に比べて低い立場に置かれることがほとんどであった。

骰子

概要 (Wikipediaから引用)

『サイコロ』より : サイコロ(骰子、賽子)、または賽(さい)、ダイス (dice) は主として卓上遊戯や賭博などに用いる小道具で、乱数を発生させるために使う。 多くは正六面体で、転がりやすいように角が少し丸くなっている。各面にその面の数を示す1個から6個の小さな点が記されていて、対面の和は必ず7である。この点は“目”、または“ピップ” (pip)、“スポット” (spot)、まれに“ドット” (dot) とも呼ばれる。日本製の場合、1の面の目は赤く着色されていることが多い。ピップではなく算用数字が記されているものもある。 各面に表示される数も“目”と呼ばれ、サイコロを振った結果表示される数を“出目”と呼ぶ。複数のダイスを同時に振ってすべて揃った出目を特に“ゾロ目”と表現し、特にすべてが1の目が揃った場合のことを“ピンゾロ”と表現する。 最も原始的な形態の“サイコロ”は、宝貝や表裏を塗り分けた木の実などを投げ、それが表か裏かを見るというものである。このような投げ棒型のサイコロは古代インドで良く用いられたし、近・現代においてもアメリカ・インディアンの文化や韓国の伝統ゲームユンノリなどで使われている。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

裂く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

割く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

さく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

咲く

概要 (Wikipediaから引用)

咲くやこの花賞(さくやこのはなしょう)は、大阪市が大阪から世界に文化人を発信し、また大阪文化の振興・発展を目指すために設けている賞である。 大阪市が、大阪文化の振興を目指すと同時に未来の大阪文化を担う人材に対して贈られる賞である。よって、受賞資格は40歳以下と限定されている(41歳で受賞の小籔千豊、43歳で受賞のすっちーのように多少の例外はあり)。大阪市出身でなくても受賞することはできるが、大阪を拠点に活動を行なっている必要がある。 部門は「美術」「音楽」「演劇・舞踊」「大衆芸能」「文芸その他」の5ジャンルに分けられている。 賞のタイトルである「咲くやこの花」は、「古今和歌集・仮名序」に詠まれている「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」(王仁)からとられており、大阪を代表する言葉として「咲くやこの花」が使われている(なお、大阪市鶴見区には植物園「咲くやこの花館」がある)。

概要 (Wikipediaから引用)

座標: 北緯33度59分30秒 東経131度13分18秒 / 北緯33.99167度 東経131.22167度 / 33.99167; 131.22167 際波信号場(きわなみしんごうじょう)は、山口県宇部市大字際波にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)宇部線の信号場である。 かつて宇部線宇部港駅と美祢線美祢駅間では24時間体制で石炭・石灰石輸送の貨物列車が運行されており、宇部港駅の貨物取扱量が日本一であった当時は当信号場での離合列車も多数あったが、貨物列車が廃止された現在は朝通勤時間帯に旅客列車が数本離合を行う程度である。 1970年(昭和45年)7月30日 - 開設。 構造 岩鼻駅 - 宇部駅間にある2線の信号場。 一見一線スルー構造のように見えるが、全列車とも進行方向左側の線路を使用するため、岩鼻駅方面の列車は分岐器通過のため前後で減速する。 周辺 耕作地および団地が広がる。ここ数年、平行する県道宇部船木線沿いを中心に市街地化が進展しつつあるが、宇部駅に近い(宇部駅から約1.2km)こともあり、駅への昇格などを求める動きは見られない。

概要 (Wikipediaから引用)

『コズミック・イラ』より : コズミック・イラ(”Cosmic Era”、C.E.)は、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の舞台になっている世界で使われている架空の紀元。C.E.9年に国連主導下において新暦として統一したと設定している。元年と設定したのが「最後の核」が使われた年である。(その為元年は歴史上でのみ語られている)ガンダムシリーズの作品はそれぞれ幾つかの世界観のもとに制作されており、宇宙を主な舞台にすることや巨大人型兵器「モビルスーツ」が存在していることは共通であってもその技術体系や歴史の背景が違ってくる。例えば宇宙世紀では存在しているミノフスキー粒子は、コズミック・イラでは存在していない。

概要 (Wikipediaから引用)

『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』(さいきょうのおとこはだれだ そうぜつきんにくバトル スポーツマンナンバーワンけっていせん)とは、TBS系列で放送されていた特別番組である。略称は、『スポーツマンNo.1決定戦』。 架空の建造物「トーキョー・ベイ・コロッセオ」を舞台に行われるという設定で、各種アトラクションを行い参加者が競うゲームバラエティ番組、アトラクション番組の一種である。2009年1月の時点で合計38回開催されている。 番組収録はさいたまスーパーアリーナ・パシフィコ横浜・幕張メッセなどの多目的ホールやコンベンションセンターを借り切り、そこに大型セットを設営して収録を行うのが通例となっている。 前身は、1993年12月に放送された、『炎のバトルシリーズ!!今夜決定!プロスポーツマンNo.1選手権』である。その後、1995年から正月に放送されている『プロスポーツマン大会』が制作された。2007年までは概ね、同一のセットを利用して年に1、2回制作・放送されていた『芸能人サバイバルバトル』も存在した。