「さいか」とは?

言葉 詳細
最下

概要 (Wikipediaから引用)

最下位ビット(さいかいビット、least significant bit、LSBと略記)は、コンピュータにおいて二進数で最も小さな値を意味するビット位置のことである。LSBは右端ビットとも言われる。十進数に当てはめれば、「一の位」に相当する。 二進数の特定のビットを示すために、各ビットにはゼロからn(その数値のビット数に依存)までのビット番号が割り当てられる。 従来、エンディアンによってゼロ番のビットがMSBに対応していたり、LSBに対応していたりしていたが、最近ではゼロ番はLSBとされていることが多い。(訳注:これが関係してくるのはビット番号を指定する形式のビット操作命令が存在する命令セットだけである。) これを拡張すると、LSBs(複数)はLSB側のいくつかのビットを意味する。 LSBs は変化が激しい。例えば、1 (二進数では 00000001) に 3 (二進数では 00000011) を足すと、結果は 4 (二進数では 00000100)であり、3桁のLSBsが変化している(011→100)。

砕花

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

雑賀

概要 (Wikipediaから引用)

雑賀衆(さいかしゅう)は、中世の日本に存在した鉄砲傭兵・地侍集団の一つである。また、史料に見られる「惣国」と同じと考えられているため、「紀州惣国」もしくは「雑賀惣国」とも呼ばれている。雑賀衆は紀伊国北西部(現在の和歌山市及び海南市の一部)の「雑賀荘」「十ヶ郷」「中郷(中川郷)」「南郷(三上郷)」「宮郷(社家郷)」の五つの地域(五組・五搦などという)の地侍達で構成されていた。高い軍事力を持った傭兵集団としても活躍し、鉄砲伝来以降は、数千挺もの鉄砲で武装した。また海運や貿易も営んでいた。「さいが」と読むのは誤読である。 雑賀衆を構成した主な一族としては、雑賀荘の土橋氏、十ヶ郷(現和歌山市西北部、紀ノ川河口付近北岸)の雑賀党鈴木氏などが知られている。 雑賀衆は15世紀頃に歴史に現れ、応仁の乱の後、紀伊国と河内国の守護大名である畠山氏の要請に応じ近畿地方の各地を転戦、次第に傭兵的な集団として成長していった。紀ノ川河口付近を抑えることから、海運や貿易にも携わっていたと考えられ、水軍も擁していたようである。

細瑕

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

採火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

載貨

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

災禍

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

再嫁

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

裁可

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

西下

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。