「さいかく」とは?

言葉 詳細
西鶴

概要 (Wikipediaから引用)

『井原西鶴』より : 井原 西鶴(いはら さいかく、1642年(寛永19年) - 1693年9月9日(元禄6年8月10日))は、江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。 『好色一代男』をはじめとする浮世草子の作者として知られる。談林派を代表する俳諧師でもあった。 小伝 1642年大坂・難波に生れ、15歳頃から俳諧師を志し談林派を代表する俳諧師として名をなした。一昼夜の間に発句をつくる数を競う矢数俳諧の創始を誇り、またそれを得意とした(最高記録は23,500句)。その奇矯な句風から阿蘭陀流(オランダりゅう)と腐される。1682年(天和2年)に『好色一代男』を出版し好評を得、その後様々なジャンルの作品を出版。従来の仮名草子とは一線を画する物として、現在では以後の作品を浮世草子と区別している。1693年没。 代表作は『一代男』の他に『好色五人女』、『日本永代蔵』、『世間胸算用』など。また代表的な発句に、 長持に春かくれゆく衣がへ 鯛は花は見ぬ里もあり今日の月 大晦日定なき世の定かな 浮世の月見過しにけり末二年がある 生涯 1642年(寛永19年)、大坂・難波に生れる。

才覚

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。