「さんちーむ」とは?

言葉 詳細
サンチーム

概要 (Wikipediaから引用)

『通貨の補助単位』より : 通貨の補助単位(つうかのほじょたんい)とは、各国の通貨の取引において、1通貨単位未満の金額や、多額の金額を、簡単な数字で表すために使われる単位である。現在ではそのほとんどが1通貨単位の100分の1である。硬貨により流通することが多いが、補助単位の価値が日常取り引きされる金額の最小単位より小さい場合には、この補助単位は用いられないこともある。 例えば、日本円の補助単位は銭であるが、現在、1銭硬貨や10銭硬貨などは流通していない。これは1953年に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律によって1953年12月31日を最後に1円未満の通貨の通用は廃止したためである。ただし、現在においても為替や日経平均株価の表示には銭が使われているため、ニュース等ではなじみのある単位となっている。 通貨の補助単位の表記 通貨単位と補助単位を書く。(単位は略号を用いることもある) 例:12円38銭、1Bs 50ctv 小数を用いる。(小数点は国により異なる) 例: 12.38円、1,50Bs 上付き文字を用いる。