「ざい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

財(ざい、英: good(s))とは、経済学において物質的・精神的に何らかの効用を持っているもののことである。財貨とも。 狭義には有形財を指して財と呼ぶ場合がある。そのような場合、対比して無形財をサービスと呼ぶ。 ある財の需要に比べその財に対する供給が無限にないとき財は希少であるとされる。このような財を経済財と呼び、経済学(特にミクロ経済学)の分野で議論される。逆に需要よりもはるかに多くほぼ無限の供給が存在する場合は、このような財は価格を持たない。これを自由財という。空気は人間の生存にとって不可欠のもので、巨大な効用をもつが、希少性がないので市場取引の対象とはならず、自由財の典型とされる。 その逆にダイヤモンドは単なる装身具であり空気ほど大きな効用を持つものではないが、非常に希少性をもつので市場で高価で取引されている。 経済学で議論される財 経済財と自由財 経済財 希少性があり、需要と供給のバランスが取れているかややバランスを欠いて価格を有する財。

概要 (Wikipediaから引用)

『木材』より : 木材(もくざい)とは、様々な材料・原料として用いるために伐採された樹木の幹の部分を指す呼称。その用途は、切削など物理的加工(木工)された木製品に限らず、紙の原料(木材パルプ)また薪や木炭に留まらない化学反応を伴うガス化・液化を経たエネルギー利用や化学工業の原料使用、飼料化などもある。皮をはいだだけの木材には丸太(まるた)、丸材(まるざい)ともいう。材木(ざいもく)も同義だが、これは建材や道具類の材料などに限定する場合もある。 木材の構造と特徴 構成 木材として使われる部分は「材」(ざい、木部)と呼ばれる。樹木は、芽や成長点を由来とする中心部にあるごく細く軟らかい「髄」(ずい)または「樹心」(じゅしん)、主要部分を占める「材」、外皮に当たる樹皮の3つの部分に分かれる。木も代謝を繰り返し細胞分裂によって成長するが、幹や枝の先端(成長点)を除く「材」の部分では樹皮のすぐ下に当たる部分(厳密には師部と隣接する数層、維管束形成層と呼ばれる)だけに限られ、しかも幹側になる細胞は分裂機能を失い、数週間で原形質を無くして細胞壁だけとなる。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『ネットチェンジ』より : ネットチェンジとは放送局がそれまでの系列(ネットワーク)と異なる系列に変わることを指す。 ここでは主に日本での事情・事例について記す。 日本では1960年代になってテレビの全国ネットが確立されてくると、特に、全国紙を発行する新聞社と東京キー局相互の連携も強化されるようになり、地方局もまた、東京キー局、及び関連の新聞社の系列に入るようになる。 特に大阪では、朝日新聞社と関わりの深い日本教育テレビ(NETテレビ、現:テレビ朝日)系列の全国ネット・ANNに毎日放送(MBS)、毎日新聞と関わりの深い東京放送(現:TBSテレビ)系列の全国ネット・JNNに朝日放送(ABC)が参加するという「腸捻転」と呼ばれる状態が長く続いた。 1975年3月31日、新聞社との資本連携を明確にするため、大阪での腸捻転がようやく解消された。こうして「ANN=朝日放送」、「JNN=毎日放送」という、新聞社にとって理想的なネットワークが確立することとなる(後述)。 1989年から1990年代にかけて、それまで1局から3局しかなかった地方都市(県)の4局化政策の構想に基づいて地方新局(いわゆる平成新局)が開局したが、主としてANNの新局が全国各地に相次いで誕生した(ANNは12局、他系列は2-3局)ことから、VHF局を中心としたNNN・NNS、あるいはJNNとのクロスネット(複数の系列局に加盟した放送局)を解消し、フルネット(マストバイ)に移行したり、それに伴うネットチェンジをしたりする放送局も増えた。