「ざいか」とは?

言葉 詳細
財賀

概要 (Wikipediaから引用)

財賀寺(ざいかじ)は、愛知県豊川市にある、高野山真言宗の寺院。本尊は千手観音。 沿革 創建の時期や事情は定かでないが、寺伝によれば、聖武天皇の勅願により、神亀元年(724年)に行基が開いたとされ、弘仁4年(813年)、空海が中興したという。現存する金剛力士(仁王)像は平安時代後期、11世紀にさかのぼる作で、この頃にはかなりの寺観が整っていたものと思われる。平安時代末期には、没落した源氏の再興を期する源頼朝が、当寺の本尊に厄除けの祈願をし、宿願が叶って征夷大将軍となった頼朝は、建久3年に本堂を再建し、1300石余りの寺領を寄進してこれに報いたと伝える。 三重塔や七堂伽藍を備え、多くの参詣者を呼んで隆盛を極めていたが、応仁の乱の際に、100余りあった院坊の大半が焼失。山外に擁していた数百の末寺も離散した。文明4年(1472年)、三河国宝飯郡周辺を治めていた牧野古白が現在地に再建。明応4年(1495年)には、奥院が建立された。以後、牧野氏をはじめ、今川氏や徳川氏の庇護を受けた。徳川家康は朱印160石余り、山林36町余りを寄進、これにより寺は10万石の格式に列した。

罪科

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

財貨

概要 (Wikipediaから引用)

財貨動態論(ざいかどうたいろん)とは、財務会計における動態論の分類に関する一学説。企業の経済活動を貨幣と財貨・用役の出入りと考えた上で、財貨・用役の出入りを中心として企業の経済活動を記録・計算する立場をさす。損益計算書の本質を費用収益の対応計算とし、貸借対照表の本質を将来収益獲得能力(サービスポテンシャルズ)たる資産の表示にあるとする考え方と結びつく、と説明されることがある。 関連項目 貨幣動態論 収益費用アプローチ 参考文献 井上良二編『財務会計の進展』税務経理協会、1999年、第1章。 井上良二「経済的環境の変化と財務会計の社会的機能」『企業会計』第50巻第7号、1998年。 井上良二「経済状況の変化と計算体系」『会計』第154巻第2号、1998年。 岩田巖『利潤計算原理』同文舘、1956年、第1編第7章。

罪過

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

在荷

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。