「ざいがい」とは?

言葉 詳細
在外

概要 (Wikipediaから引用)

事件名=在外日本人選挙権剥奪違法確認等請求事件 事件番号=平成13年(行ツ)第82号、第83号、同年(行ヒ)第76号、第77号 裁判年月日=2005年(平成17年)9月14日 判例集=民集59巻7号2087頁 裁判要旨= 在外邦人に1996年10月20日の総選挙当時において、一切の在外投票を認めなかった公職選挙法の規定は、憲法15条、43条、44条に違反する。 この判決後最初に行われる総選挙又は通常選挙の時点において、在外邦人に小選挙区または選挙区に関する部分について投票を認めない部分は、憲法15条等に違反する。 改正前の公職選挙法が衆議院議員の選挙及び参議院議員の選挙における選挙における選挙権の行使を認めていない点において違法であることの確認を求める訴えは及び改正後の公職選挙法が衆議院小選挙区選出議員の選挙及び参議院選挙区選出議員の選挙における選挙権の行使を認めていない点において違法であることの確認を求める訴えは、不適法であるが、次回の選挙において選挙権を有することの確認を求める訴えは適法である。