「ざいほう」とは?

言葉 詳細
財宝

概要 (Wikipediaから引用)

『宝』より : 宝(たから)とは、その希少さや美しさゆえに貴重な物。財宝とも呼ぶ。 寶(宝の旧字体)あるいは寳という字は「宀」の下に「玉」や「貝」(※旧字体には「缶("フウ"と読む)」)が組み合わさっている。これは、家屋の中に玉やかつて貨幣として使用されていた貝など貴重品がしまわれていることを表す。英語の「Treasure」も、語源はギリシャ語のθησαυρος(thesauros、貯蔵するための建物、転じて宝物の意味)を意味する。 宝の種類 多くの人に共通して宝とされているものには、例えば宝石があり、これは文字の如く宝の石、つまり美しいがめったに産出しない貴重な石である。また貴重な金属と書いて貴金属というものが存在するが、これもその輝きが美しいとされながら産出が限られており、宝石同様に重宝されている。 その他の宝には金品や、世界に同様のものが存在しないほど技巧の優れた工芸品、美しい美術品、一見ありふれた物だったりがらくたに見えたりするが特別に重要な歴史や由緒がまとわりついているもの(例えば茶の道に詳しい者以外にはただの茶碗にしか見えない高麗茶碗、キリスト教における聖遺物、日本の皇室の三種の神器など)もある。