「し」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

死(し、英語: death)とは、 命がなくなること。生命がなくなること。生命が存在しない状態。 機能を果たさないこと、役に立たないこと(→#比喩的な用法を参照)ただし、何をもって人間の死とするのか、その判定や定義は文化、時代、分野などにより様々である。(→「死亡の判定・定義」節を参照)。一旦は命が無いとされる状態になったが、再び生きている状態に戻った場合、途中の「死」とされた状態を「仮死」や「仮死状態」という。伝統的に宗教、哲学、神学が死を扱ってきた。近年では、死生学、法学、法医学、生物学等々も死に関係している。死の後ろに様々な言葉をつなげ、様々なニュアンスを表現している。例えば「死亡」「死去」「死没」などがある。 人間の死 死亡の判定・定義 どのような状態になったことを「死」とするのかということについては、各地域の文化的伝統、ひとりひとりの心情、医療、法制度、倫理的観点などが相互に対立したり影響しあったりしており、複雑な様相を呈している。

概要 (Wikipediaから引用)

史上最強の弟子ケンイチの登場人物(しじょうさいきょうのでしけんいちのとうじょうじんぶつ)は漫画『史上最強の弟子ケンイチ』に登場する人物または組織の一覧である。なお各人の年齢はそれぞれ本編初登場時のもの。武術を極めた達人や、スポーツ化した武道になじめない達人が住む道場。また、武術界における活人拳の象徴とされている。現在は長老を含め6人の達人が共同生活しているが、もう1人、所用で出かけている達人がいる。現在は兼一を含め8人が住む大所帯だが、弟子は兼一1人だけであり、武術指南による収入は無いに等しい。従って経済状況は常に崖っぷちかそれに準ずるものであり、道場は非常に古びている。武術指南以外の定収入が無いわけではなく、美羽のやりくりでなんとか持っているが、一度は財政破綻に陥った。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

紙(かみ)とは、植物などの繊維を絡ませながら薄く平(たいら)に成形したもの。日本工業規格 (JIS) では、「植物繊維その他の繊維を膠着させて製造したもの」と定義されている。 広義の紙は、直径100マイクロメートル以下の細長い繊維状であれば、鉱物、金属、動物由来の物質、または合成樹脂など、ほぼあらゆる種類の原料を用いて作ることができる。例えば、不織布は紙の一種として分類されることもある。しかし一般には、紙は植物繊維を原料にしているものを指す。製法からも、一般的な水に分散させてから簀の子や網の上に広げ、脱水・乾燥工程を経て作られるもの以外に、水を使用しない乾式で製造したものも含まれる。 紙の用途は様々で、原初の紙は単純に包むための包装用に使われた。やがて筆記可能な紙が開発され、パピルスや羊皮紙またはシュロ・木簡・貝葉などに取って代わり情報の記録・伝達を担う媒体として重宝された。 やがて製法に工夫がこらされ、日本では和紙の技術確立とともに発展し、江戸時代には襖や和傘、提灯・扇子など建築・工芸材料にも用途を広げた。

概要 (Wikipediaから引用)

士(し)とは、古代中国社会において統治階層を指す。 周代の身分制社会構造で支配者層は、周王の下に諸侯・卿・大夫・士で構成されて官職と邑(都市国家)を世襲していた。士は支配階層の最下層に位置していた。春秋時代も中頃になると、この階層秩序が崩壊して官職や土地を失うものも現れ、世襲の官職や土地に基づかず知識や力によって仕官する新しい支配者層が士とされるようになり、諸子百家が生まれた。 秦・漢になると古き身分制社会は姿を消し、皇帝による中央集権国家が作られ、民を支配するのが皇帝の手足である「吏」となると、士は在野在朝の才能・知識ある人士を意味するようになった。 三国時代になると在野の士が積極的に求められ、魏・晋は九品官人法という官吏採用法によって士を官吏に登用し、士による政権が誕生することになった。 やがて九品官人法による官吏登用が才能よりも門地が優先されるようになっていくと、士も門閥貴族化し、「士族」と呼ばれるようになる。 宋代、科挙という試験にもとづく官吏登用が一般化すると、貴族政治から中央集権体制へと移行し、読書人が文人官僚となり、士と大夫を併せた「士大夫」といわれる支配階層が成立した。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『児童福祉施設』より : 児童福祉施設(じどうふくししせつ)とは、児童福祉に関する事業を行う各種の施設である。児童福祉施設は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)をはじめとする法令に基づいて事業を行う。児童福祉施設は、国(国立病院機構を含む独立行政法人を含む)、都道府県、市町村(地方独立行政法人を含む)が設置できるほか、社会福祉法人等の者が設置することもできる。 児童福祉施設の種類 児童福祉施設の種類は、児童福祉法の第7条に列記され、第36条から第44条の2までに施設概要が述べられている。 助産施設(第36条) 助産施設は、保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により、入院助産を受けることができない妊産婦を入所させて、助産を受けさせることを目的とする施設。 通常、出産する者に対しては健康保険出産育児一時金が支給されるが、健康保険に加入していない生活保護受給者や、低所得者で出産に一時金以上の費用がかかりそうな者が対象になる。

概要 (Wikipediaから引用)

日本における師範学校(-しはんがっこう、英語: normal school)とは、教員を養成する学校であり、戦前の日本および日本の植民地に存在した、初等・中等学校教員の養成(師範教育)を目的とした中等・高等教育機関とされ、教員養成機関のひとつ。 1872年(明治5年)9月からの約1年間、「師範学校」は東京に設置された日本初の教員養成機関(後の東京高等師範学校。東京教育大学を経た現在の筑波大学の前身)の固有名称であった。これが1873年(明治6年)8月に他の6大学区での官立師範学校設立に伴い「東京師範学校」と改称したため、以降「師範学校」は教員養成機関の総称となった。 終了までの年限は高等小学校卒業後4年(後に5年)、中等教育課程(旧制中学校等)修了者は1年(後に2年)。 師範学校は、卒業後教職に就くことを前提に授業料がかからないのみならず生活も保障されたので、優秀でも貧しい家の子弟への救済策の役割も果たしていた。

使

概要 (Wikipediaから引用)

使徒(しと)は、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の生物。作品中で人類に敵対する存在。また、ここでは貞本義行による漫画版および『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する使徒についても述べる。そのほかのメディアにおいて登場する使徒(ゲーム版など)についてはここでは扱わない。 「使徒」とは、NERV(ネルフ)本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体の呼称である。他の使徒と連携することはなく、必ず単体で襲来する。各使徒の名前は、聖書偽典のエノク書の天使の名に由来する。なお、人類も第18使徒=リリンであるが、単純に使徒と呼ぶ場合は人類と敵対するアダム系使徒を指している場合が多い。全18種。なお、ゲーム「新世紀エヴァンゲリオン2」によれば、各使徒の名前は人類が勝手につけたものだとされる。 使徒という語は英語では「Apostle」であるが、本編および英語版のエヴァにおいても一貫して「Angel」との表記がとられている。 漫画版ではサンダルフォン、マトリエル、イロウル、レリエルは登場せず、またリリスは「生命の卵」で使徒とはされておらず、リリンも含めて全13種(漫画版ではミスにより第7使徒が2回勘定されている)となっている。

概要 (Wikipediaから引用)

『ダウンタウンDX』より : ダウンタウンDX(ダウンタウンでらっくす)は、読売テレビ放送 よみうりテレビが制作して日本テレビ放送網 日本テレビ系列で1993年10月から放送されている、ダウンタウン司会のトーク番組 トークテレビ番組 番組である。数年に一度、コンセプトを全て変える完全リニューアルを行っており、放送開始と現在では全く番組内容が違う。かつてはゲスト一組を迎えてのトーク番組、国民投票などのクイズ番組、三回投げてなどのゲーム番組だったこともあった。字幕放送・地上デジタル放送のみデータ放送あり(大分放送、宮崎放送、沖縄テレビ放送(水曜16:00~16:54)は別時間で放送)。 ダウンタウン

概要 (Wikipediaから引用)

市(し)は、行政区分のひとつで、通常は人口が多く密集した自治体にあてられる。大密集地のために特別区など市と別の区分を設けることもある。 行政上の区分としてあるかどうかに関わらず、人口密集地をより一般的にとらえる場合には、都市ということが比較的多い。 日本における市 市制の市 近世までの日本では、商工業者が住む人口密集地を町、農民が住む集落を村として区分し、市という行政単位はなかった。 明治時代になると、まず1878年7月に郡区町村編制法が大きな人口密集地に区を置いた。ついで1888年4月公布の市制によって、区にかわって市が置かれることになった。市制は町村制と同時に、しかし別個の法として設置された。個々の市への実際の施行は1889年4月が最初である。 地方自治法の市 1947年に地方自治法が制定されると、市町村はこの法律に従って置かれた。 地方自治法では、市は都道府県に次ぐ規模の普通地方公共団体である。市となるべき普通地方公共団体の要件(市制要件)は地方自治法第8条に以下が示されている。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

氏 氏(うじ、ウジ)は、事実上または系譜上、祖先を同じくする同族とされる家の集団。氏族。→古代氏族としての「氏」の節を参照。なお、中国の氏族については氏 (中国)の項を参照。 氏(うじ)は、家(家族)の名称。代々引き継がれ、系統(家系)を表す名称となる。姓氏(せいし)、姓(せい、本姓)、名字(苗字)。中世後期から明治時代初期まで、氏とは「姓」(せい、本姓)を指し、「名字」(苗字)とは区別された。→家の名称としての「氏」の節を参照。 なお、1947年(昭和22年)の民法改正後の現行法下での「氏」の法的性格については、血縁や家族を背景としているとみる説(血縁団体名称説や家族共同体名称説)があるのに対して、何らかの集団を背後に予定しなければならない根拠はないとして純粋に個人の名称であるとする説(個人呼称説)や多元的に捉えるべきとする多元的性格説等もあり氏の法的性格については見解が分かれている(個人呼称説が民法学上の通説であるとされるが、近時、現実の家族共同生活をする個人に共通する呼称としての性格を併せもっているとの見解が有力になっているとされる)。

概要 (Wikipediaから引用)

き、キは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第2行第2段(か行い段)に位置する。清音の他、濁音(ぎ、ギ)を持つ。また、話し手によっては、文節のはじめ以外で、子音が鼻音化した鼻濁音を用いる。鼻濁音は濁音と意味上の差異はない。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「い」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「き」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋、またはやや前の硬口蓋寄り)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。無声。母音が無声化したときの実際音は破擦音 [kç] となる。 濁音 「ぎ」: 舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 鼻濁音 「き゚」: 鼻に音を抜きながら、舌の後部を口蓋の奥の部分(軟口蓋)に押しあて一旦閉鎖した上で破裂させることで発する。有声。 ただし、実際の発音は、か行の他の音に比べて舌を前の方まで大きく付けており、調音点は硬口蓋に近い軟口蓋になる。

概要 (Wikipediaから引用)

『紀伝体』より : 志(こころざし) 目的、目標 信念 他者への好意や謝礼の意味を込めて贈る金品。仏教における寸志はこれに由来する。 志(し) 紀伝体で天文・地理・礼楽等を事項別に分類して記述した部分。 律令制の衛門府、兵衛府、検非違使庁の主典。

概要 (Wikipediaから引用)

詞(し)は、中国における韻文形式の一つ、あるいは歌謡文芸の一つ。 宋代に隆盛したので宋詞(そうし)ともいう。唐・五代では曲・雑曲・曲子詞(きょくしし)とも呼ばれた。また詩に対して詩余(しよ)とも言われ、長短不揃いの句で構成されることから長短句(ちょうたんく)ともいう。曲に合わせて詞が書かれたので、詞を埋めるという意味で填詞(てんし)、音楽に合わせるという意味で倚声(いせい)とも言われる。日本語では詩(し)と同音であるため、区別しやすく中国語音からツーと呼ばれることがある。 後代には音楽に合わせて作られるのではなく、前人の作品の平仄に合わせて作られるようになったため、詩と同様、朗読される詩歌の一種となった。 詞調に合わせて詞が作られるが、詞調ごとに形式が決められており、例えば「憶江南」では、句の字数が3・5・7・7・5、押韻が2・4・5句目と決められている。 題名 詞調には特定の名称が決められており、これを詞牌(しはい)という。詞の題名には詞牌が使われており、詩のように内容による題はつけられない。その代わり、詞牌の下に詞題が添えられたり、小序が作られた。

概要 (Wikipediaから引用)

歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。人体でもっとも硬く、遺体ではその治療状況によって人物の特定の重要な手掛かりとなる。人工歯と区別する意味で天然歯と言うこともある。多くの種類の構造を持ち、それぞれが異なる目的を果たす。歯学では、過去には歯牙(しが)と言ったが、現在は使わない傾向にある。 また、それに似たものを歯ということがある。例えば歯車、鋸歯など。 歯の部位を示すために、歯の内側を舌側、口蓋側、外側を唇側、頬側、正中に近い方を近心、反対側を遠心、上端を切縁、咬合面という。 多くの高等動物が持つ。人間は乳歯と永久歯の二組を持つが(二生歯性)、ネズミ目のように一組の歯が伸び続ける動物もいれば(一生歯性)、サメのように、二週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいる(多生歯性)。化石化した哺乳類においてもっとも特徴的な部位であり、古生物学者達は化石の種類や関係を鑑別するのにしばしば歯を使う。 歯は摂食の際の重要な構造であり、その形は餌のタイプと強く結びついている。 動物一般における歯 動物一般における歯は、口周辺、あるいは内部にある構造で、小さくて硬く、その表面に突き出ていて、その動物の摂食の際に役立つと考えられるものである。

概要 (Wikipediaから引用)

『し』より : し、シは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第2段(さ行い段)に位置する。清音の他、濁音(じ、ジ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「い」から成る音。子音は、次の通り。 五十音順: 第12位。 いろは順: 第42位。「み」の次。「ゑ」の前。 平仮名「し」の字形: 「之」の草体 片仮名「シ」の字形: 「之」の草体の変形 ローマ字 し: si。ヘボン式などではshi じ: zi。ヘボン式などではji 点字: :●- 通話表: 「新聞のシ」 モールス信号: −−・−・ 平仮名の「し」は、一般に画像:し0001.pngのようであるが、画像:し0002.pngのように上に点を打ったり、それをさらに画像:し0003.pngのように続けて書いたりする字体がある。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

鳥取豊岡宮津自動車道(とっとりとよおかみやづじどうしゃどう)は、鳥取自動車道と山陰自動車道の鳥取インターチェンジから京都縦貫自動車道の宮津天橋立インターチェンジまでを結ぶ延長約120kmの地域高規格道路である。 山陰道と京都縦貫道の仲立を担う位置にあり、地域高規格道路ながら“高規格道路と同等の道路”と位置付けられている。これら3つの自動車道が全通すれば名神高速道路・大山崎ジャンクション(京都府)から中国自動車道・美祢市付近(山口県)までを結ぶ山陰地方を縦断する広域道路ネットワークが完成することになる。 沿線自治体や一部区間の道路管理者である国土交通省では山陰近畿自動車道の名称も使用されている。 通過市町村 鳥取県 鳥取市 - 岩美郡岩美町 兵庫県 美方郡新温泉町 - 美方郡香美町 - 豊岡市 京都府 京丹後市 - 与謝郡与謝野町 - 宮津市 道路管理者 国土交通省中国地方整備局 鳥取河川国道事務所鳥取国道維持出張所 : 福部IC - 岩美IC 鳥取県 鳥取県土整備事務所 : 岩美IC - 浦富IC、東浜IC - 鳥取県・兵庫県境 兵庫県 但馬県民局新温泉土木事務所 : 鳥取県・兵庫県境 - 居組IC、余部IC - 佐津IC 京都府道路公社 管理事務所 : 与謝天橋立IC - 宮津天橋立IC インターチェンジなど インターチェンジ (IC) 番号欄の背景色が■である部分については道路が開通済みの区間を示している。

概要 (Wikipediaから引用)

す、スは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第3段(さ行う段)に位置する。清音の他、濁音(ず、ズ)を持つ。 現代標準語の音韻:1子音と1母音「う」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「す」:舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る音(歯茎摩擦音)。無声。 濁音 「ず」:語中においては舌の先を上歯茎に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声音(有声歯茎摩擦音)。語頭や促音・撥音の後では、いったん舌を上歯茎に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声音(有声歯茎破擦音)、すなわち「つ」の子音の有声音と同じである。それら二つの「ず」の発音は、一般に日本語の話者にはほとんど聞き分けられず、意味上の差異はない。「ず」は「づ」と同じ発音であり、現代標準語では「ず」と「づ」を音の上で区別しない(四つ仮名)。現代仮名遣いでは、例外を除いて「づ」で書かれてきたものをすべて「ず」で書く。 五十音順:第13位。 いろは順:第47位。「せ」の次。「京」または「ん」の前。

しる

概要 (Wikipediaから引用)

Name しるし Artist Mr.Children Album HOME (Mr.Childrenのアルバム) HOME A-side B-side Released 2006年11月15日 Format シングル CDシングル Recorded Genre J-POP Length 15分56秒 Label トイズファクトリー Writer 桜井和寿 Producer 小林武史 Certification * トリプル・プラチナ(日本レコード協会) Chart position * 週間最高順位1位(オリコンチャート オリコン) 2006年11月度月間順位1位(オリコン) 2006年度年間順位7位(オリコン) 2007年度年間順位31位(オリコン)

する

概要 (Wikipediaから引用)

する 為る - 行為や作用を行う事。(英語の'do') 刷る - 印刷すること。(英語の'print') フィジー諸島を中心とするメラネシアで着用される腰巻形の民族衣装にかんしては、スルを参照。

知る

概要 (Wikipediaから引用)

知るを楽しむ(しるをたの- )は、2005年4月4日から2010年3月25日までNHK教育テレビで放映された生涯学習番組である。副音声解説放送を実施した。 それまで放送してきた「NHK人間講座」の内容を一新し、毎日日替わりでジャンル・内容を決めて展開する。2009年度は略称だった「知る楽」(しるらく)が正式名称となった。2010年度に解消したが、テキスト発行の際に知楽遊学を使用する。 放送時間 初回放送:毎週月 - 木曜 22:25 - 22:50 再放送:次週の月 - 木曜 5:05 - 5:30 再々放送:1カ月後の火、水曜深夜(水、木曜未明)2:00 - 2:50 火曜深夜は月・火曜日分、水曜深夜は水・木曜日分を再放映した。但し2005年4月は火曜日 2:00 - 2:50と水曜日 2:00 - 2:25まではNHK人間講座を再放映した。また、毎年2回程度行われる放送機器メンテナンス実施期間中は1分遅れの2:01 - 2:50に放送するとともに、放送休止地域への配慮から金曜深夜(土曜未明)の1:35 - 3:15に4本分をまとめて放送した。

概要 (Wikipediaから引用)

私(し、わたくし)は、仕事場などの社会的集団の中における人間の属性と対比して、一個人としての属性を示すときに用いられる言葉である。 この意味における反対語は公(こう、おおやけ)である。例えば、「私用」は仕事に関係のない行動や物品を指し、「公用」はもっぱら仕事上の行動や仕事に用いる物品を指す。 私と公 「私」と「公」を区別することが重要であるとされることがしばしばある。例えば、百科事典などの広く公開されている文書に私人の詳細な情報を記載することは一般的にはするべき事ではないとされるが、公人についてはある程度詳細な記述が求められることがある。 ただし、何をもって私と公を分別するべきか、私と公の二極に分別するのが適当であるかについては常に意見が分かれるところである。特に著名人に於いてはその立場が私なのか公なのかでしばしば論争が起こる。 近年、日本の内閣総理大臣が靖国神社を参拝するのが私人としての行動であるのか公人としての行動であるのかについて論争がある。また、芸能人のプライバシーはどこまで公開されても良いのかという議論に於いても「どこまでが私的なことでどこまでが公的な事なのか」が論点になっている。

概要 (Wikipediaから引用)

『資本論』(しほんろん、独: Das Kapital:Kritik der politischen Oekonomie 、英: Capital : a critique of political economy)は、カール・マルクスの著作。ドイツ古典哲学の集大成とされるヘーゲルの弁証法を批判的に継承したうえで、それまでの経済学の批判的再構成を通じて、資本主義的生産様式、剰余価値の生成過程、資本の運動諸法則を明らかにした。 全3巻(全3部)から成る。サブタイトルは「経済学批判(a critique of political economy)」。冒頭に、「忘れがたきわが友 勇敢、誠実、高潔なプロレタリアート前衛戦士 ヴィルヘルム・ヴォルフにささぐ」との献辞が記されている。2013年に共産党宣言とともに資本論初版第1部がユネスコ記憶遺産に登録された。 成立の経過 1867年に第1部が初めて刊行され、1885年に第2部が、1894年に第3部が公刊された。

概要 (Wikipediaから引用)

し、シは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第3行第2段(さ行い段)に位置する。清音の他、濁音(じ、ジ)を持つ。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音「い」から成る音。子音は、次の通り。 清音 「し」: 上歯茎の後ろから硬口蓋近くの範囲に舌の前部を近づけて、隙間から息を摩擦させて通すときに出る無声音である。国際音声記号では無声歯茎硬口蓋摩擦音[ɕ]または無声後部歯茎摩擦音[ʃ]で表される。どちらかといえば、[ɕ]が近く、[ʃ]で表される場合でも英語の sh よりも調音部位の範囲が広い。 濁音 「じ」: 舌の前部を上歯茎の後ろから硬口蓋近くの範囲に近づけて、隙間から声を摩擦させて通すときに出る有声摩擦音、すなわち「し」の有声音。または、いったん舌の前部を上歯茎の後ろから硬口蓋近くの範囲に付けて、離すときに、狭い隙間を作って摩擦した音を出す有声破擦音、すなわち「ち」の子音の有声音である。