「しあつ」とは?

言葉 詳細
指圧

概要 (Wikipediaから引用)

指圧(しあつ)とは、疾病の予防並びに治療を目的に、母指を中心として四指並びに手掌のみを使用し、全身に定められたツボと呼ばれる指圧点を押圧しその圧反射により生体機能に作用させ、本来人間の身体に備わっている自然治癒力の働きを促進させると謳っている日本独特の民間療法、手技療法である。 指圧の定義は、昭和32年(1957年)12月、当時の厚生省(現厚生労働省)医務局医事課より発行された『指圧の理論と実技』という教本の中に明記されており、その全文は次の通りである。 また、カナダ指圧協会Canadian Shiatsu Societyによるその英訳文は以下の通りである。 欧米では代替医療に分類される。 エビデンス 指圧は何らかの疾患の治療に有効であるという科学的エビデンスは存在しない。2006年、英国en:Thames Valley Universityの指圧協会にて大規模なシステマティックレビューが実施された。 レビューでは、研究では一般的にコントロールや盲検法が欠けており、指圧についてエビデンスは量的質的に不十分である(insufficient)ことが分かった。