「しいく」とは?

言葉 詳細
飼育

概要 (Wikipediaから引用)

飼育(しいく、breeding)とは、 家畜などを育てること。 動物などを育てること。 一般には家畜、ペットなどを育てることを言う。 飼育を行う目的は様々である。家畜を飼育するのは乳・肉・毛・皮・羽・吐糸などを得たり、狩猟補助、通信、害虫・害獣駆除、障碍者の生活補助、家や施設の番などの用務に就かせるためである。ペットの場合は生活のパートナー、「癒し」を得るため、あるいは鑑賞対象である。希少種(たとえばトキやコウノトリなど)を保護施設等で繁殖・育成して野に放ち、種の存続を図る場合もある。 方法 栽培や培養と大きく異なる点は、飼育対象が移動能力を持つため、まず逃亡を妨げる方法が必要である点である。水生動物であれば水を入れた容器がその役をはたすが、それでも自殺的逃避を避けるために蓋が必要である。陸生動物では囲いや篭で囲い込むか、紐や鎖で繋ぐ必要がある。鳥類では、羽の一部を切除するなどして飛翔能力を制限したり篭で囲い込む方法をとる。 例外として、幼少時から育て親として愛情をもって育成した場合、大脳の発達した哺乳類はもちろん、脳の発達がそれほどでもない鳥類や爬虫類(「手乗り文鳥」や「手乗りヘビ」の類)に至るまで、飼い主やその育成環境に順応して、いわゆる「放し飼い」にしても逃亡することなくその飼育環境にとどまり、人間に対して警戒せず融和性を持つことが知られている。