「しいしば」とは?

言葉 詳細
椎柴

概要 (Wikipediaから引用)

椎柴駅(しいしばえき)は、千葉県銚子市野尻町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線の駅である。 1933年(昭和8年)3月11日 - 国鉄成田線の笹川駅から松岸駅までの延伸に伴って開業。旅客・貨物取扱い。 1962年(昭和37年)10月1日 - 貨物扱い廃止。 1974年(昭和49年)3月15日 - 無人化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、JR東日本に継承。 2007年(平成19年)1月中旬 - 駅舎改築。 2009年(平成21年)3月14日 - ICカード「Suica」サービス開始。東京近郊区間に組み込まれる。 駅構造 相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。北側の1番線ホームの北側に接して駅舎があり、2つのホームは下総豊里方の跨線橋で結ばれる。 旧駅舎は木造平屋建てで、外壁にはトタンが貼られていた。1974年から無人駅になり、駅舎内部の窓口は板で埋められ、待合所部分のみが使われていた。自動券売機などの設置はなく、乗車駅証明書発行機が窓口のあった部分に一台設置されていた。