「しいの」とは?

言葉 詳細
椎野

概要 (Wikipediaから引用)

椎野 茂(しいの しげる、1959年1月19日 - )は、TBSの社員で元アナウンサー。 来歴・人物 福岡県福岡市の出身で、東京都立富士高等学校から東京大学教育学部へ進学。大学卒業後の1984年4月に、TBSの第21期生アナウンサーとして入社した。同期入社の社員に、柄沢晃弘(アナウンサーとして採用、現在はWOWOWに所属)や大沼真理(現在は事業局事業推進部担当部長)がいる。 TBSへの入社後は、スポーツアナウンサーとして、野球、ラグビー、テニス、陸上競技などの中継に出演。一時は、テレビのニュース番組でスポーツキャスターを担当していた。1991年には、大学ラグビー・早明戦のラジオ実況で、第17回アノンシスト賞・ラジオ部門最優秀賞を受賞。また、世界陸上のマラソン中継や2004年アテネ五輪の女子マラソンの実況を経験したほか、後年は「全日本実業団女子駅伝」のセンター実況を数年にわたって担当していた。 2007年6月24日に横浜ベイスターズVSオリックス・バファローズ戦(横浜スタジアム)でのネット配信中継「ハマスタWAVE」で実況を担当した際に、4回表の先頭から登板しながら1死も取れず降板した横浜の投手(当時)・高宮和也に対して、アナウンサーらしからぬ手厳しい表現を重ねながら批評。