「しばいぬ」とは?

言葉 詳細
シバイヌ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

柴犬

概要 (Wikipediaから引用)

柴犬(しばいぬ)は、日本原産の日本犬の一種。オスは体高38 - 41cm、メスは35 - 38cmの犬種。日本の天然記念物に指定された7つの日本犬種(現存は6犬種)の1つで、指定は1936年(昭和11年)12月16日。日本における飼育頭数は最も多い。日本犬保存会によれば、現在日本で飼育されている日本犬種(6犬種)のうち、柴犬は約80%を占める。日本国外でも人気が高い。小型犬に分類される。 名前の由来 「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、文献上では、昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられている。一般的には、「柴」は「柴刈り」などの意味であり、小ぶりな雑木を指す。 由来には諸説があり、 柴藪を巧みに潜(くぐ)り抜けて猟を助けることから 赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから 小さなものを表す古語の「柴」からの3つの説が代表的。 柴犬の系統 遺伝的には古くからの血を受け継ぐ現存古代犬種(en:Ancient dog breeds)の一つで、DNA分析からは、次のように順次分岐してきたとされている(左図参照)。

しば犬

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。