「しゅ」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

くび(首、頸, neck)とは頸部(けいぶ)、すなわち、人体において頭(頭部)と胴体をつなぐ部位である。 日本語ではまた、頭部そのものを指す場合もある。 用字、語釈 「首位」「首領」「党首」「船首」などというように、本来の漢語における「首」という字はもっぱら、“トップ”、“かしら”、またそれらの原義としての“あたま”、“頭部”を意味する。 これに対して“頸部”を意味する本来の漢字は「頸」であり、「頸部」「頸動脈」「長頸竜」などのように熟語にも用いられる。 ところが日本語では、“頸部”・“頭部”の双方を「くび」と呼ぶ。 もともと日本語「くび」は“頸部”を指す語だったが、戦闘や刑罰において“頸を斬って頭を落とす”斬首・馘首(かくしゅ)の慣習が日本にあったことから、やがて“切り落とされた頭部”自体をも「くび」と呼ぶようになり、さらには(胴体と離れているか否かにかかわらず)“頭部”一般を指す用法が生まれたものとされている。

概要 (Wikipediaから引用)

主(あるじ、しゅ、ぬし)とは、 主 (宗教) ヌシ 主 (二人称) - あなた、日本語の二人称代名詞等も参照。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

酒(さけ)は、エチルアルコール(アルコールの一種)が含まれた飲料の総称。「お酒」という丁寧な呼び方もよく用いられ、「酒類」や「アルコール飲料」、またソフトドリンクに対して「ハードドリンク」とも呼ばれることがある。西洋ではワインに相当する語彙が総称として用いられることがある。 — アテナイオス、高津博士(訳)『食通大全』 酒は人類史において最古から存在する向精神薬の一つである。人間には普遍的に「じぶん以外の存在になりたい」という潜在的願望があり、酒による酩酊はその願望を叶える有効な手段の一つだった。しかし、酩酊は往々にして混乱や無秩序をもたらし、社会から忌避される。一方で「酒は百薬の長」と言われ、一方では「きちがい水」と言われる。古来より酒は社会にとって両価値的存在だった。 酒の歴史は古く、有史以前からつくられていたと見られている(→#歴史)。種類は多く、製造方法や原料等多種多様であるが、原材料から発酵によってエチルアルコールを生成することで共通している(→#種類)。

概要 (Wikipediaから引用)

種(しゅ、たね)、タネ しゅ 種 (分類学) - 生物分類上の基本単位。 形相(エイドス είδος) の別訳語。ギリシャ哲学用語。 種 (型理論) - 型システムにおける型の型 たね・タネ 種子 - ただし本来は、植物の種子に限らず生物がそれから成長する小さな生物体。 家系、血統(特に男系の)。あるいは転じて精子のこと。胤とも。母親が違う兄弟姉妹を腹違いというのに対し、父親が違う兄弟姉妹を種違いという(豊臣秀吉・豊臣秀長など)。 原因。 資本、もとで。 タネ - ギャンブルで金銭を指す隠語。札単位が主。俗に「タネは持ってるのか?」と使用する。 展開の元になる題材。記事や話の元として多く用いられる。(それらで言うネタ) 材料、食材、素材。ネタ。 擬似乱数の内部変数の初期値。シード。 手品などのトリック。 タネ - ノースリーブスのセカンドシングル。 『機動戦士ガンダムSEED』の俗称。SEED の日本語訳が「種(たね)」であることから。 地名のひとつ 岡山県津山市種 岡山県真庭市種。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。